バンカーショットでボールを出す3つのコツ!ボール位置や簡単な打ち方と注意点も解説

バンカーショットでボールを出す3つのコツ!ボール位置や簡単な打ち方と注意点も解説

ラウンド中に一度バンカーにハマると、なかなか抜け出せない経験をした人は多いのではないでしょうか。

また、バンカーから狙った位置に打てなかったり、かえってホームランになってしまったりする人も多いでしょう。

狙った場所へ確実に打つためには、バンカーならではの打ち方を押さえておくことが大切です。

そこでこの記事では、バンカーショットでボールを出す3つのコツを解説します。

合わせて、バンカーショットの簡単な打ち方や、打つ時の注意点も解説します。

バンカーが苦手で抜け出し方に悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えしておくと、バンカーショットの着実な抜け出し方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間でバンカー上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

バンカーショットの簡単な打ち方

初めに、バンカーショットの簡単な打ち方を解説します。

通常のショットとは異なる点も多いため、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

バンカーショットの簡単な打ち方
  • 打ち方①:ボール位置は左足踵の延長線上
  • 打ち方②:フェースを開く
  • 打ち方③:ボールの手前の砂を打つ

 

打ち方①:ボール位置は左足踵の延長線上

ボール位置の画像

バンカーショットでのボールの位置は、左足踵の延長線上に置きましょう。

センターよりも左側に置くことで、自然とボール手前の砂を打ちやすくなります。

ただし、人によって打ちやすい位置は異なるため、左足踵の延長線上を基準にして、少しずつボールの位置を変えて打ちやすい位置を探すのが良いでしょう。

バンカーショットをうまく打てない人は、ボールの位置がセンターかそれよりも右側にあることが多いです。
もし当てはまる場合は、ボールの位置を見直してみると良いでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

打ち方②:フェースを開く

フェースを開く

バンカーショットでは、普段よりもフェースを開いて打つのがおすすめです。

フェースを開くことで、クラブのバンスが強く張り出すため、クラブヘッドが砂に潜りにくくなります。

つまり、バンカーの砂ごとボールを打ちやすくなり、ミスしづらくなります。

個人的には、普段よりも15~20度ほど開くのがおすすめです。
ただし、フェースを開きすぎるとかえって打ちづらくなるため、開きすぎには注意しましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

打ち方③:ボールの手前の砂を打つ

バンカーショットを打つ際は、ボールの手前の砂を打ち、その爆発でボールを飛ばすようにして打ちましょう。

イメージとしては、ボールから3cmほど手前の砂を打ち、砂ごとボールを打つ形です。

バンカーでボールを直接打つとクリーンヒットしてしまうため、残り距離が長い場合以外は、ボール手前の砂を打つのが良いでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

バンカーショットでボールを出す3つのコツ

バンカーの練習をする機会は少なく、なかなかボールを出せないと苦戦している人は多いのではないでしょうか。

そこで次に、バンカーショットでボールを出すコツを解説します。

バンカーショットでボールを出すためのコツ
  • コツ①:残り距離に応じてスタンスを変える
  • コツ②:バックスイングはアウト目に上げる
  • コツ③:フォローではフェースを上に向ける

 

コツ①:残り距離に応じてスタンスを変える

バンカーショットは、目標までの残り距離に応じてスタンスを変えるのがポイントです。

  • 残り距離が近い場合:オープンスタンスで構える
  • 残り距離が遠い場合:スクエアスタンスか、少しだけオープンに開く

残り距離が近い場合、フェースを開いている分、オープンスタンスで構えて打ちましょう。

通常よりもフェースが右を向いており、そのまま打つとボールが右方向に飛んでしまうため、オープンに開いて目標方向にボールが飛ぶように調整するのがポイントです。

また、残り距離が遠い場合は、しっかりと飛距離を出す必要があるので、通常通りスクエアスタンスで構えましょう。

スクエアスタンスだと少し打ちづらい場合は、若干オープンに開いて打つのもアリです。

 

コツ②:バックスイングはアウト目に上げる

バンカーでのバックスイングはアウト目に上げることを意識しましょう。

アウト目に上げることで、クラブヘッドをボールの上から振り下ろせるため、極端なダフリを避けやすくなります。

また、ヘッドがボールの下に潜りやすくなるため、砂の抵抗も減らせるでしょう。

 

コツ③:フォローではフェースを上に向ける

バンカーショットのフォロースルーは、フェースを上に向けることを意識しましょう。

バンカーショットでクラブがバンスからうまく砂に入っていると、フォロースルーはフェースが上に向く形になります。

裏を返すと、初めからフェースを上に向けてフォローを出すことを意識することで、バンカーショットが成功しやすくなるでしょう。

 

バンカーショットで注意すべき3つのポイント

バンカーショットで注意すべき3つのポイントの画像

バンカーショットがうまく打てない人は、大切なポイントを見落としている可能性があります。

そこで次に、バンカーショットで注意すべき3つのポイントを解説します。

バンカーショットで注意すべき3つのポイント
  • 注意点①:コックをほどかずにスイングする
  • 注意点②:体重移動は控えめにする
  • 注意点③:腕の力を入れ過ぎない

 

注意点①:コックをほどかずにスイングする

バンカーショットを打つ際、インパクトまでコックをほどかずにスイングすることに注意しましょう。

インパクトまでにコックをほどいてしまうと、バンカーで極端にダフリやすくなってしまいます。

コックをほどかないためには、右肘を曲げたまま肩を回してスイングするのがポイントです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

注意点②:体重移動は控えめにする

バンカーショットでは、体重移動は控えめにしましょう。

バンカーは足元が滑りやすいため、体重移動を大きくしすぎると、ボールの芯を捉えづらくなってしまいます。

また、砂に刺さったり、極端にダフったりしかねないため、体重移動はほとんどせずにスイングすると良いでしょう。

 

注意点③:腕の力を入れ過ぎない

バンカーショットは腕の力を入れ過ぎず、適度に脱力した状態でスイングしましょう。

バンカーから出したいあまりに力を入れてしまうと、クラブヘッドが砂に刺さり、振り抜きにくくなります。

また、バンカーのアゴにボールが刺さったり、ホームラン気味になったりしかねないため、適度に脱力することが大切です。

 

バンカーショットが上手くならない時はゴルフレッスンで習うのもアリ

バンカーで練習ができる機会は少なく、バンカーショットのコツをうまく掴めない人も多いでしょう。

もしバンカーショットが一向に上達しない場合は、ゴルフレッスンで正しい打ち方を教わるのがおすすめです。

経験豊富なプロによるレッスンを受けることで、バンカーを一発で抜け出すことも夢ではないでしょう。

そこでこの記事の最後に、バンカーショットを覚えるのにおすすめのゴルフスクール3選を紹介します。

おすすめのゴルフスクール
  • おすすめ①:チキンゴルフ
  • おすすめ②:SMART GOLF
  • おすすめ③:RIZAP GOLF

 

おすすめ①:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

チキンゴルフは、プロによるセミパーソナルレッスンが受け放題が特徴のインドアゴルフスクールです。

「ゴルフを楽しむ」をモットーに、ゴルフを基礎から楽しく教えてもらえ、短期間での上達が期待できます。

レッスンでは、最新のゴルフシミュレータを活用することで、データを基にした効率的な指導を受けられます。

また、体験レッスンも用意されており、事前にレッスンの雰囲気を体験したうえで入会を検討できるのも嬉しいポイントです。

全国30店舗以上を展開する大手ゴルフスクールで、ゴルフを基礎から学びたい人は、ぜひ一度体験レッスンに参加してみてください。

チキンゴルフ
体験レッスンを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。
もっと詳しく知りたい人は、合わせて参考にしてみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:SMART GOLF

SMARTGOLF(スマートゴルフ)の画像

SMART GOLFは、24時間好きな時間に通える会員制のインドアゴルフ施設です。

最新機器を導入した完全個室・半個室が使い放題で、理想のスイングとのギャップを比較しながら、効率良くスイングを改善しやすい環境です。

また、経験豊富なコーチによるマンツーマンレッスンオプションもあり、自分一人の練習で行き詰まった時も悩みを解消しやすいでしょう。

会員になると全国70店舗以上の系列店を利用できるため、曜日によって利用する店舗を使い分けすることもできます。

プライベート空間で、最新機器を使った効率的な練習がしたい人は、まずは無料体験に参加してみるのがおすすめです。

SMART GOLF
無料体験を見てみる

SMART GOLFについては、以下の記事で詳しく解説しています。
合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:RIZAP GOLF

RIZAPGOLF(ライザップゴルフ)の画像

RIZAP GOLFは、専属トレーナーによる徹底的なマンツーマンレッスンが特徴のインドアゴルフスクールです。

大手パーソナルジム企業の”RIZAP”が運営しており、結果にコミットする手厚いゴルフレッスンを受けられます。

最新のゴルフシミュレータ「GDR」を用いたレッスンで、スイングを細部まで分析したうえで、プロによるアドバイスを受けられるため、効率良く上達を目指せる環境です。

バンカーショットを覚え、短期間で上達したい人は、一度体験レッスンに参加してみるのがおすすめです。

RIZAP GOLF
体験レッスンを見てみる

RIZAP GOLFについては、以下の記事で詳しく解説しています。
もう少し詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:バンカーショットはスタンスとフェースに気をつけるのが成功のコツ!

この記事では、バンカーショットでボールを出す3つのコツを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、バンカーショットの簡単な打ち方や、打つ時の注意点も解説しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

バンカーショットの打ち方とコツまとめ

バンカーショットの簡単な打ち方

  • 打ち方①:ボール位置は左足踵の延長線上
  • 打ち方②:ボールの手前の砂を打つ
  • 打ち方③:フェースを開く

バンカーショットでボールを出すためのコツ

  • コツ①:残り距離に応じてスタンスを変える
  • コツ②:バックスイングはアウト目に上げる
  • コツ③:フォローではフェースを上に向ける

バンカーショットで注意すべき3つのポイント

  • 注意点①:コックをほどかずにスイングする
  • 注意点②:体重移動は控えめにする
  • 注意点③:腕の力を入れ過ぎない

バンカーショットでボールが出ない時はゴルフレッスンで習うのもアリ

  • おすすめ①:チキンゴルフ
  • おすすめ②:SMART GOLF
  • おすすめ③:RIZAP GOLF

バンカーショットは、ボールの位置やフェース面の角度など、普段のショットとは意識すべき点が異なります。

バンカーでうまくボールを出すためには、残りの距離に合わせてスタンスを変えたり、バックスイングをアウト目に上げることが大切です。

また、フェースを上に向けてフォローを出すことで、バンカーショットが打ちやすくなることもあるでしょう。

同時に、バンカーショットを打つ際には注意すべき点もいくつか存在します。

この記事で紹介した内容を参考に、バンカーショットの打ち方とコツを覚え、一発でバンカーを抜け出せるようになれば幸いです。