【ポイントは3つ】ドローボールの基本的な打ち方とコツ!メリットや練習方法も解説

【ポイントは3つ】ドローボールの基本的な打ち方とコツ!メリットや練習方法も解説

こんにちは。「週末ゴルフ部」編集長の岩成です。
この記事では、ドローボールの打ち方について解説します。
みなさんはドローボールを打つ際に、このように悩んだ経験はありませんか?

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

男性ゴルファーさん

いつも一緒にホールを回る先輩がドローボールを打っていて、自分もドローボールを打てるようになりたい!

女性ゴルファーさん

ドローボールはコントロールが難しく、なかなか狙ったところに打てない…

ドローボールは飛距離こそあるもののコントロールが難しく、習得したくてもなかなかうまくいきませんよね。
私もドローボールがなかなか打てず悩んでいた時期があるので、気持ちはわかります。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

そこでこの記事では、ドローボールの打ち方について解説します。

合わせて、ドローボールを打つメリットや、打つ時のポイントについても解説します。

この記事を読めば、ドローボールの打ち方について理解でき、必要な場面でドローボールを打てるようになるはずです。

「飛距離のあるドローボールを打てるようになって、ゴルフでスコアアップを目指したい!」そんなゴルファーさんは、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、ドローボールの打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

そもそもドローボールとは?

初めに、そもそもドローボールとはどんな打ち方なのか、簡単におさらいしますね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールとは、打ち出し時に右側もしくは真っ直ぐに飛んでいき、途中から左に曲がりながら落ちていくボールのことです(右打ちの場合)。

ドローボールは低い弾道で、かつ飛距離が出やすいのが特徴です。

風の影響を受けづらいため、障害物を避けたい時やグリーンに乗せたい時にも有効なのがドローボールの特徴です。

ドローボールの概要や特徴について理解できましたね。
では次に、ドローボールを打つメリットについて具体的に解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ドローボールを打つ3つのメリット

ドローボールを打つメリットは、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールを打つ3つのメリット
  • メリット①:飛距離を出しやすい
  • メリット②:風の影響を受けづらい
  • メリット③:無駄な打数を減らしやすい

ドローボールは習得こそ難しいですが、打てるようになればメリットは多く存在します。

ドローボールを打つメリットについて、それぞれ解説していきますね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

メリット①:飛距離を出しやすい

ドローボールを打つメリット1つ目は「飛距離を出しやすい」です。

ドローボールは、他のボールに比べてスピン量が少ないことから、長距離を飛ばしやすい特徴があります。

また、弾道が低いことから、ボールが地面に落ちてからのランも長く出やすいです。

そのため、長距離を飛ばしたい場合にはドローボールを打つことで、飛距離が稼ぎやすいでしょう。

 

メリット②:風の影響を受けづらい

ドローボールを打つメリット2つ目は「風の影響を受けづらい」です。

ドローボールは弾道が低いため、風の影響を受けづらい特徴があります。

そのため、風の強い日でも狙った場所に打ちやすいメリットがあります。

 

メリット③:無駄な打数を減らしやすい

ドローボールを打つメリット3つ目は「無駄な打数を減らしやすい」です。

ドローボールは途中から左側へ曲がることから、木や吹き流し等の障害物を避けることができます。また、コースが左曲がりの場合でも、その形状に合わせたショットができます。

そのカーブを利用して狙った場所へ落とすことで、無駄な打数を減らしやすくなるのがドローボールの特徴です。

 

さて、ここまでドローボールを打つ3つのメリットについて解説してきました。

ドローボールを打つメリットは多い一方で、うまく打てなかった場合にはデメリットも存在します。

そこで次に、ドローボールを打つデメリットを解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ドローボールを打つデメリット

ドローボールを打つデメリットは、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールを打つデメリット
  • デメリット①:チーピンになる可能性がある
  • デメリット②:すくい打ちになる可能性がある
  • デメリット③:コントロールが難しい

ドローボールを完全に習得する前にホールで打つ場合には、これから紹介するデメリットを踏まえておく必要があります。
それでは、ドローボールを打つデメリットをそれぞれ解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

デメリット①:チーピンになる可能性がある

ドローボールを打つデメリット1つ目は「チーピンになる可能性がある」です。

ドローボールを打つ際にミスをした場合、チーピンが出やすく、スコアに影響するようになります。

チーピンとは、ショット時からボールが左に打ち出し、そのまま大きく左に曲がっていくボールのことです。

ミスをしてチーピンになった場合には、林や池の中等に入ってOBに繋がりかねないため、ドローボールを打つ際には注意が必要です。

 

デメリット②:すくい打ちになる可能性がある

ドローボールを打つデメリット2つ目は「すくい打ちになる可能性がある」です。

ドローボールを打つために、スイング軌道をインサイドアウトにするゴルファーの人も多いかと思います。

しかし、インサイドアウト軌道でスイングをする際には、ボールを下から掬い上げる形のすくい打ちになりやすくなります。

スイングがすくい打ちになっている場合には、ダフりやトップが連発し、かえってスコアが悪化する場合もあるでしょう。

 

デメリット③:コントロールが難しい

ドローボールを打つデメリット3つ目は「コントロールが難しい」です。

先ほど説明しましたが、ドローボールにはランが長く出やすい特徴があります。

ボールがラフに落ちた場合でも、着地後に遠くまで転がるため、場合によっては林の奥や池の中まで転がってしまう可能性があります。

特に、チーピンのように大きく左側に打ってしまった場合には、OBやウォーターハザードになりやすいため注意しましょう。

 

ここまで、ドローボールを打つデメリットについて解説してきました。

デメリットがあるとは言え、やはりメリットの方が多いのがドローボールです。

遠くまで飛距離を出しやすく、木や吹き流し等の障害物も避けやすいため、うまく打てた場合にはスコアダウンにも大幅に貢献できることでしょう。

そんなドローボールを打つためには、基本的な打ち方を押さえておく必要があります。

そこで次に、ドローボールの打ち方について解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ドローボールの基本的な打ち方

ドローボールの基本的な打ち方は、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールの基本的な打ち方
  • ドローボールの打ち方①:ボールの位置は右足寄りに置く
  • ドローボールの打ち方②:クローズドスタンスで構える
  • ドローボールの打ち方③:インサイドアウトのスイング軌道で打つ

これから紹介する打ち方を実践することで、ドローボールが打てるようになるはずです。
簡単に試せるので、打ちっぱなし等の練習中にも気軽に試してみてくださいね。
それでは、ドローボールの基本的な打ち方について解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ドローボールの打ち方①:ボールの位置は右足寄りに置く

ドローボールを打つ時には、ボールの位置は普段よりも右足寄りに置きましょう。

クラブ別に紹介すると、ドライバーでドローボールを打つ際には「スタンスの真ん中と、左足のつま先との間あたり」にボールを置きましょう。

また、アイアンでドローボールを打つ際には「スタンスの真ん中と、右足のつま先との間あたり」にボールを置くのがおすすめです。

これらの位置にボールを置くことで、スイングした際にドローボールになりやすくなります。

 

ドローボールの打ち方②:クローズドスタンスで構える

ドローボールを打つ際は、クローズドのスタンスで構えることが大切です。

クローズドスタンスとは、通常よりも左足を前に出して構えることです。

先述した通り、ドローボールは打ち出し時に真っ直ぐか、少し右寄りに飛ばす必要があります。

クローズドスタンスに構えてスイングをすることで、ボールが右寄りに飛びやすくなり、ドローボールの打ち方に近くなるでしょう。

 

ドローボールの打ち方③:インサイドアウトのスイング軌道で打つ

最後に、ドローボールを打つ際には、インサイドアウトの軌道でスイングをしましょう。

インサイドアウトの軌道でスイングをすることで、打ち出し時にボールが右側に飛びやすくなります。

また、振り抜く際にはボールに左側のスピンがかかることから、ドローボールが打てることでしょう。

 

さて、ここまでドローボールの基本的な打ち方について解説してきました。

まとめると、ボールの位置を右足寄りに置き、クローズドスタンスで構え、インサイドアウト軌道でスイングをすることで、ドローボールが打てるようになるはずです。

しかし、ドローボールは習得するのが難しく、練習をしてもなかなか打ち方を覚えられないゴルファーの人もいるはずです。

そこで次に、ドローボールを打つ時の練習方法について解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ドローボールの打ち方を覚えるための練習方法

ドローボールの打ち方を習得するには、以下の練習方法に取り組んでみましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールを打つ時の練習方法
  • ドローボールの練習方法①:ハーフスイングで感覚を掴む
  • ドローボールの練習方法②:ボールの位置を変えながら打つ
  • ドローボールの練習方法③:スタンスを変えて打つ

ここで紹介する3つの練習方法を試すことで、今よりもドローボールの打ち方が覚えられるはずです。
それでは、ドローボールの打ち方を覚えるための練習方法について、詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ドローボールの練習方法①:ハーフスイングで感覚を掴む

ドローボールの打ち方を練習するには、まずはハーフスイングでドローボールを打つ感覚を掴むことから始めましょう。

ハーフスイングの時点でドローボールが打てていないと、フルスイングをしてもドローボールを打つことは難しいでしょう。

そのため「ボールの位置を右足寄りに置いて」「クローズドスタンスで構えて」「インサイドアウトのスイング軌道で打つ」ことを、ハーフスイングで練習してみましょう。

クラブの種類を問わず、ハーフスイングでドローボールを打つ感覚が掴めるようになってきたら、少しずつスイングを強めていきましょう。

 

ドローボールの練習方法②:ボールの位置を変えながら打つ

ドローボールの打ち方を練習する際には、ボールの位置を少しずつ変えながら打ってみるのも良いでしょう。

ドライバーの場合もアイアンの場合も、基本的には「普段よりも右足寄り」にボールを置くことでドローボールを打ちやすくなります。

しかし、適切なボールの位置は人によって異なるものです。

自分が打ちやすいボールの位置を探しながら、ドローボールの打ち方を習得していきましょう。

ドライバーの場合は「左足のつま先」「左足のつま先よりも、ボール1個分右寄り」「左足のつま先と、スタンス中央の間」のようにボールの位置を変えてみましょう。

また、アイアンの場合は「スタンスの中央よりも左足寄り」「スタンスの中央」「スタンスの中央よりも右足寄り」のようにボールの位置を変えてみるのが良いでしょう。

 

ドローボールの練習方法③:スタンスを変えて打つ

ドローボールの打ち方を覚えるためには、スタンスを変えながら打ってみるのもおすすめです。

先に説明した通り、ドローボールを打つ際のスタンスは、基本的にクローズドスタンスが向いています。

クローズドスタンスの中でも、左足をどこまで前に出すかによって、スイング軌道が変わってきます。

自分がスイングしやすい程度のクローズドスタンスで構えて、何度かスイングをしてみましょう。

少しずつドローボールの打ち方の感覚が掴めるようになってくるはずです。

 

さて、ここまでドローボールの打ち方を覚えるための練習方法について解説してきました。

ドローボールの打ち方を覚えるには、ハーフスイングで感覚を掴んだり、スタンスを変えてみたりするのが有効です。

しかし、ドローボールは打つのが難しく、自分一人ではなかなか感覚を掴めなかったり、打てなかったりする人も多いかと思います。

どうしてもドローボールの打ち方が掴めない場合には、ゴルフレッスンに通ってドローボールの打ち方を教えてもらうのがおすすめです。

ゴルフレッスンでは、ドローボールの打ち方に加えて、普段のスイングフォームやクラブ選びの考え方等も教えてもらえるため、今よりもスコアアップに繋がることでしょう。

そこでこの記事の最後に、ドローボールの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ3選を紹介します。

 

ドローボールの打ち方が掴めない場合はゴルフレッスンに通おう

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールの打ち方を覚える際には、以下3つのゴルフレッスンに通うのがおすすめです。

ゴルフレッスンおすすめ3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ここで紹介するゴルフレッスンは、どこも大手運営で全国展開しています。

それぞれのゴルフレッスンに特徴があるので、あなたの地域にあるもので、自分に合ったものを選んでみてくださいね。

それでは最後に、アイアンでのフェードボールの練習におすすめのゴルフレッスン3選を紹介していきます。

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

ドローボールの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ1つ目は、SMART GOLFです。

SMART GOLFのポイント
  • ポイント①:高性能シミュレーターでスイングを分析
  • ポイント②:個室完備で周りの目を気にせず練習可能
  • ポイント③:回数無制限で24時間利用OK

SMART GOLFでは、超高性能シミュレーターを完備しており、理想のスイングとのギャップを数値で把握できます。

動画撮影や弾道計測はもちろん可能で、あなたのスマートフォンでも記録が確認できます。

また、半個室と完全個室を備えており、周りの目線を気にする必要はありません。

回数制限はないため、月額さえ支払えば24時間何度でもアイアンの練習が可能です。

短期間で集中的にアイアンでのフェードボールの練習を重ねたい人には、SMART GOLFがおすすめです。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

ドローボールの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ2つ目は、RIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFのポイント
  • ポイント①:専属トレーナーがマンツーマンで指導
  • ポイント②:理想のスイング定着に向け指導
  • ポイント③:周りから見られない専用ラウンジ

RIZAP GOLFでは、あなたのスイングが綺麗になるよう、専属トレーナーがマンツーマンで指導してくれます。

練習メニューは一人ひとりの課題に合わせた専用プログラムを作成し、あなたを綺麗なスイングへ導きます。

また、RIZAP GOLFは全室個別で分かれているため、他のゴルファーに見られる心配もありません。

道具やウェアも無料で貸してもらえるので、急に空き時間ができた際にもすぐに立ち寄って練習可能です。

アイアンでのフェードボールの打ち方に悩んでいるゴルファーは、まずはRIZAP GOLFで練習をしてみてください。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

ドローボールの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ3つ目は、チキンゴルフです。

チキンゴルフの画像

チキンゴルフのポイント
  • ポイント①:綺麗なフォームが身に付く
  • ポイント②:定額でレッスン通い放題
  • ポイント③:道具はすべてレンタル無料

チキンゴルフでは、最新シミュレーターを導入しており、1打毎にスイングデータを正確に分析してくれます。

データに基づく分析・指導により、綺麗なフォームが身に付くため、アイアンが飛ばない悩みも改善しやすいです。

また、定額で通い放題なので、レッスンに通えば通うほど綺麗なフォームが定着しやすくなるのも特徴です。

ウェアやアイアンなどの道具もすべて無料でレンタルでき、どの店舗も駅から徒歩10分以内に位置しているため、手ぶらでレッスンに通えます。

気軽にゴルフレッスンに通いながらアイアンのフェードボールの打ち方を覚えたい場合には、チキンゴルフを試してみてください。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:ドローボールの打ち方はインサイドアウト軌道でスイングするのが大切

この記事では、ドローボールの基本的な打ち方について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、ドローボールを打つメリットや、ドローボールの打ち方を覚えるための練習方法についても解説してきました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドローボールの基本的な打ち方まとめ

そもそもドローボールとは?どんな特徴がある?

  • 打ち出し時に右側もしくは真っ直ぐに飛んでいき、途中から左に曲がりながら落ちていくボールのこと

ドローボールを打つ3つのメリット

  • メリット①:飛距離を出しやすい
  • メリット②:風の影響を受けづらい
  • メリット③:無駄な打数を減らしやすい

ドローボールを打つデメリット

  • デメリット①:チーピンになる可能性がある
  • デメリット②:すくい打ちになる可能性がある
  • デメリット③:コントロールが難しい

ドローボールの基本的な打ち方

  • ドローボールの打ち方①:ボールの位置は右足寄りに置く
  • ドローボールの打ち方②:クローズドスタンスで構える
  • ドローボールの打ち方③:インサイドアウトのスイング軌道で打つ

ドローボールの打ち方を覚えるための練習方法

  • ドローボールの練習方法①:ハーフスイングで感覚を掴む
  • ドローボールの練習方法②:ボールの位置を変えながら打つ
  • ドローボールの練習方法③:スタンスを変えて打つ

ドローボールの打ち方が掴めない場合はゴルフレッスンに通おう

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

ドローボールは長距離を出しやすかったり、風の影響を受けづらかったり等の特徴があります。

しかし、ミスショットになった際にはOBやウォーターハザードになりやすかったり、ダフりやトップ等のミスにも繋がりやすいため注意が必要です。

そんなドローボールの打ち方ですが、まずはボールの位置を普段よりも右足寄りに置きましょう。

そしてクローズドスタンスで構え、インサイドアウトの軌道でスイングすることで、ドローボールを打ちやすくなるはずです。

ドローボールは習得が難しいため、打ち方を覚えるために何度も練習が必要になるかと思います。

まずはハーフスイングでドローボールを打つ感覚を掴みましょう。それでも難しい場合にはボールの位置を変えたり、スタンスを変えたりしながら打ってみてください。

少しずつドローボールの打ち方が感覚でわかるようになってくるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

この記事を通して、みなさんにゴルフの楽しさを伝えられていれば幸いです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
「週末ゴルフ部」では他にも、ゴルフに役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。