アイアンをトップブレードで合わせる3つのメリット!打ち方やデメリットも解説

アイアンをトップブレードで合わせる3つのメリット!デメリットや打ち方も解説

ゴルフをしていると「アイアンはトップブレードで合わせると良い」とよく言われます。

しかし、実際にアイアンをトップブレードに合わせて打ってみても、なかなか上手に打てずに悩む人は多いです。

そこでこの記事では、アイアンをトップブレードで合わせて打つメリットを解説します。

アイアンをトップブレードで合わせて打つデメリットや、具体的な打ち方も解説しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、アイアンの正しい打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

アイアンはトップブレードで合わせるべき?打ち方も解説

そもそもトップブレードで合わせるとは、アイアンのトップブレードが目標方向に対して垂直になるように構えることを指します。

アイアンのトップブレードの合わせ方

トップブレードで合わせた方が打ちやすい人もいれば、リーディングエッジで合わせた方が打ちやすい人もいるため、必ずしもトップブレードに合わせる必要はありません。

ただ、ロングアイアンが苦手な人や、スライスが出やすい人は、トップブレードに合わせるとうまく打てる場合があります。

また、打ちたい球筋や場面によって使い分けるのも良いです。

アイアンがうまく打てずに悩んでいる人は、実際に打ちっぱなしなどでトップブレードに合わせて打ってみると良いでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

アイアンをトップブレードで合わせるメリット

アイアンをトップブレードに合わせる打ち方は、ロングアイアンが苦手な人やスライスが出やすい人におすすめの方法です。

この打ち方には、以下の3つのメリットがあります。

アイアンをトップブレードに合わせるメリット
  • メリット①:スライスしにくくなる
  • メリット②:打球が真っ直ぐ飛ぶ
  • メリット③:スピン量が減り飛距離が伸びる

それでは、アイアンをトップブレードで合わせるメリットを詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

メリット①:スライスしにくくなる

アイアンをトップブレードで合わせて打つと、スライスしにくくなるのがメリットの1つです。

スライスが起きる原因には、インパクトの際にフェースが開いていることが挙げられます。

アイアンのフェース面の正しい向きは、目標に対して垂直の状態です。

アイアンをトップブレードで合わせると、普段よりフェースの向きを意識でき、スライスしにくくなります。

アイアンを打つ際にスライスで悩んでいる人は、一度トップブレードに合わせて打ってみるのが良いでしょう。

 

メリット②:打球が真っ直ぐ飛ぶ

アイアンをトップブレードで合わせて打つと、打球が真っ直ぐ飛ぶのがメリットの1つです。

アイアンをトップブレードで合わせると、フェースが閉じるため、目標方向に真っ直ぐ飛びやすくなります。

フェースの合わせ方を少し変えるだけでも打球は変わるため、打ちたい球筋によってフェース面を変えることが大切です。

 

メリット③:スピン量が減る

スピン量が減るのも、アイアンをトップブレードで合わせるメリットの1つです。

ボールを低い弾道で打てるため、スピン量が減り、結果的にランが出やすくなります。

飛距離に悩んでいる人にとっても、トップブレードで合わせる打ち方はメリットがありますね。

 

アイアンをトップブレードで合わせるデメリット

ここまで、アイアンをトップブレードで合わせるメリットを解説してきました。

しかし、この打ち方にはデメリットもあるため、打つ際には以下のポイントに注意しましょう。

アイアンをトップブレードで合わせるデメリット
  • デメリット①:フックする可能性がある
  • デメリット②:ドローボールが打ちにくい
  • デメリット③:すべてのクラブに使えるわけではない

アイアンをトップブレードで合わせるデメリットについて、詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

デメリット①:フックする可能性がある

アイアンをトップブレードで合わせる打ち方は、フックする可能性があります。

フックとは、打ち出し後に大きく左へ曲がっていくボールのことです。

ボールがフックしてしまう人は、トップブレードに合わせようとするあまりに、フェースをかぶせすぎている可能性があります。

普段よりもフックが多い場合には、トップブレードに合わせながら、少しフェースを開いてみましょう。

また、リーディングエッジで合わせて打ってみても良いでしょう。

 

デメリット②:ドローボールが打ちにくい

アイアンをトップブレードで合わせていると、ドローボールが打ちにくくなります。

ドローボールとは、右に打ち出したボールが空中で左にカーブをして狙ったところに戻る弾道のことです。

アイアンをトップブレードで合わせると、打球が真っ直ぐになるため、カーブを描くドローボールは打ちにくくなります。

ドローボールのような球筋が打ちたい人は、リーディングエッジで合わせて打った方が良いでしょう。

 

デメリット③:すべてのクラブに使えるわけではない

すべてのクラブに使えるわけではない点も、アイアンをトップブレードで合わせるデメリットです。

アイアンは番手により、ロフト角やシャフトの長さなどが異なります。

そのため、番手によって合わせ方を変えるのがおすすめです。

基本的には、3〜5番のようなロングアイアンを打つ際に、トップブレードで合わせると打ちやすいでしょう。

また、アイアンをトップブレードで合わせる打ち方自体が、すべての人に向いているわけではありません。

自分に合った打ち方を見極めて、アイアンの練習をするのが良いでしょう。

 

アイアンをトップブレードに合わせて練習するならゴルフレッスンに通おう

アイアンを今よりもうまく打つためには、ゴルフレッスンに通ってプロに教えてもらうのがおすすめです。

ここでは、特にアイアンの練習におすすめなゴルフレッスンを3つ紹介します。

おすすめレッスン3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

ここで紹介するゴルフレッスンは、どれも全国に多数店舗を展開しています。
あなたの課題に合わせて、通いやすいゴルフレッスンを選ぶのが良いでしょう。
それでは、おすすめのゴルフレッスン3選をそれぞれ紹介していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

おすすめのゴルフレッスン1つ目は「SMART GOLF」です。

SMART GOLFのポイント
  • AIによるフォーム診断で自分のスイングを数値化できる
  • 練習モードだけでなくラウンドモードも充実した最新機器完備
  • 予約者しか入れない個室完備でセキュリティ面も安心

SMART GOLFの最大の特徴は、最新のゴルフシミュレーターが完備されていることです。

シミュレーターを用いて自分のスイングを数値化することで、理想のスイングとの違いを数値で把握してから練習を行えます。

SMART GOLFのシミュレーターは、練習モードだけでなくラウンドモードもかなり充実しています。

ラウンドモードは、国内外に実在する200のコースを忠実に再現しており、実際にラウンドしているような気持ちで挑めます。

アイアンをトップブレードで合わせて練習したい人は、SMART GOLFの最新シミュレーターを活用し上達を目指しましょう。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

おすすめのゴルフレッスン2つ目は「RIZAP GOLF」です。

RIZAP GOLFのポイント
  • 専属トレーナーによるマンツーマンのレッスンが受けられる
  • 打ち出し角度、スピン量などを数値化できる高性能機器完備
  • 集中できる環境で練習できる

RIZAP GOLFは、スコアが上がらない原因や課題の解決方法などを親身になって教えてくれます。

また、一人ひとりに合わせた専用のプログラムに沿ってレッスンを行っており、自分に最も合う練習方法で効率よく上達できるでしょう。

完全個室のレッスンルームは無料で自主練習ができるため、仕事帰りなどの短い時間でも練習したい人にとっても魅力的です。

自分のスイングを数値化できる機器を用いて、アイアンの練習に励みましょう。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

おすすめのゴルフレッスン3つ目はチキンゴルフです。

チキンゴルフのポイント
  • 高性能シミュレーター付き個室を完備
  • 初心者や未経験でも安心のレッスン内容
  • 優しい指導で楽しみながら学べる

チキンゴルフのレッスンは、1人ひとりに合わせた内容なので、初心者の人や未経験の人は基礎をしっかりと学ぶことが可能です。

また「ゴルフ歴は長いけどなかなか上達しない」「アイアンが苦手」など、それぞれの悩みに寄り添ったレッスンが受けられます。

チキンゴルフはグループでのレッスンではなくパーソナルレッスンなので、恥ずかしさもなく集中して練習に励めます。

アイアンのミスに悩んでいる人は、楽しみながら上達を目指せるチキンゴルフへ相談してみましょう。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:ロングアイアンはトップブレードで合わせると打ちやすい!

この記事では、アイアンをトップブレードで合わせるメリットを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、アイアンをトップブレードで合わせるデメリットや、具体的な打ち方も解説してきました。

この記事をまとめると以下の通りです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンをトップブレードで合わせるべき?まとめ

アイアンはトップブレードで合わせるかは”人それぞれ”

アイアンをトップブレードで合わせるメリット

  • メリット①:スライスしにくくなる
  • メリット②:打球が真っ直ぐ飛ぶ
  • メリット③:スピン量が減り、飛距離が伸びる

アイアンをトップブレードで合わせる時のデメリット

  • デメリット①:フックする可能性がある
  • デメリット②:ドローボールが打ちにくい
  • デメリット③:すべてのクラブに使えるわけではない

おすすめゴルフレッスン3選

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

アイアンをトップブレードで合わせる打ち方は、人によって相性が分かれるため、すべての人に効果的な打ち方ではありません。

トップブレードではなく、リーディングエッジに合わせる方が打ちやすい人もいます。

今回紹介した打ち方は、ロングアイアンが苦手な人や、スライスが出やすい人におすすめです。

また、アイアンの番手によって打ち方を変えることで悩みが解決する可能性もあります。

自分に合う打ち方を知ることでミスが減り、スコアアップも目指せますよ。

ぜひこちらの記事で紹介したゴルフレッスンを参考に、アイアンの打ち方をマスターしてくださいね。