【左に飛ぶ!】ドライバーが引っ掛けになる3つの原因!直し方も解説 

【左に飛ぶ!】ドライバーが引っ掛けになる3つの原因!直し方も解説 

ドライバーを打つ時に、なぜか引っ掛けてしまい、ボールが左に飛んでしまう人は多いです。

しかし、ゴルフでスコアを伸ばしていくためには、一打目のドライバーで確実に飛距離を出すことが欠かせません。

そこでこの記事では、ドライバーが引っ掛けになる原因と対処法を解説します。

「ドライバーの引っ掛けを治して、飛距離を伸ばしたい!」というゴルファーの人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、ドライバーの引っ掛けを直すならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

ドライバーが引っ掛けになる3つの原因

ドライバーが引っ掛けになる場合、主に次の3つが原因です。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドライバーが引っ掛けになる3つの原因
  • 原因①:ストロンググリップで構えている
  • 原因②:ハンドダウンで構えている
  • 原因③:アウトサイドイン軌道でスイングしている

自分のスイングを思い返しながら、引っ掛けになる原因を見つけていきましょう。
それでは、ドライバーが引っ掛けになる3つの原因について解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

原因①:ストロンググリップで構えている

ドライバーが引っ掛けになる原因の1つ目は、ストロンググリップで構えていることです。

ストロンググリップは、アドレスの時点でフェースが閉じているため、ドライバーを引っ掛けやすくなります。

また、インパクトの前後で手首を返す意識が強くなることも、ドライバーを引っ掛ける要因の一つです。

ただし、ストロンググリップはボールを捉えやすく、初心者の人に適している打ち方でもあります。
どうしてもドライバーを引っ掛けてしまう場合には、グリップを少し緩めて握ることで、引っ掛けが解消できる可能性もあるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

原因②:ハンドダウンで構えている

ハンドダウンはNG

ドライバーが引っ掛けになる原因の2つ目は、ドライバーをハンドダウンで構えていることです。

ドライバーをハンドダウンで構えていると、グリップが下がり、フェースが左を向いてインパクトを迎えるため、引っ掛けやすくなります。

また、ハンドダウンはトゥが大きく浮き上がるため、ドライバーの飛距離が出なくなる原因でもあります。
ドライバーの飛距離が出ずに悩んでいる人は、一度構え方を見治すのが良いでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

原因③:アウトサイドイン軌道でスイングしている

アウトサイドインのスイング軌道

ドライバーが引っ掛けになる原因の3つ目は、アウトサイドイン軌道でスイングしていることです。

当然ですが、ドライバーを外側から内側へ向かってスイングしていると、ボールは左へ飛んでいきます。

また、スライスしたり、飛距離が出なくなったりする要因でもあるため、スイング軌道がアウトサイドインになっている場合は修正した方が良いでしょう。

 

ドライバーが引っ掛けになる時の直し方

ドライバーを引っ掛ける原因が分かった次は、原因に合わせた対処法を実践していきましょう。
ドライバーが引っ掛けになる時の直し方は、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドライバーが引っ掛けになる時の直し方
  • 対処法①:スクエアグリップで構える
  • 対処法②:アドレスの位置を修正する
  • 対処法③:インサイドイン軌道にする

ドライバーが引っ掛けになる時の直し方を、詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

対処法①:スクエアグリップで構える

ドライバーが引っ掛けになる時には、スクエアグリップで構えることを意識しましょう。

スクエアグリップの構えは、インパクトの際に手首を返す度合いが少なく、フェースが閉じにくくなるのが特徴です。

また、狙った方向に打ちやすくなるため、セカンドショットも安定させやすくなります。

ドライバーを引っ掛けて思う方向に飛ばない人は、一度スクエアグリップを試してみてください。
基本的には、上から見てこぶしの山が2つ見える程度が、スクエアグリップの基準になります。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

対処法②:アドレスの位置を修正する

ドライバーが引っ掛けになる時は、アドレスの位置をソールが地面と平行になるようになるように修正してみましょう。

ソールと地面を平行にすることで、フェースが閉じにくくなり、打球が真っすぐ飛びやすくなります。

ドライバーのシャフトの長さや身長によっては、どうしてもトゥが浮くことがありますが、その際はクラブを短く持つことで調整するのがおすすめです。

 

対処法③:インサイドイン軌道にする

ドライバーが引っ掛けになる時は、スイングをインサイドイン軌道にしましょう。

インサイドイン軌道にすることで、適切なフェースでボールにインパクトし、ボールが真っすぐ飛びやすくなります。

自分のスイングを確認したい場合は、打ち終わった後の手の形のまま、アドレスの状態に戻してみましょう。
戻した時にフェースが正面を向いていれば、インサイドイン軌道でスイングできています。
また、スマホで動画を撮影して見返すのもおすすめです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ここまで、ドライバーが引っ掛けになる原因や対処法を解説してきました。

しかし、どうしてもドライバーの引っ掛けが治らないという人もいらっしゃるでしょう。

その場合は、ゴルフレッスンに通ってドライバーの打ち方を習ってみるのもおすすめです。

ゴルフレッスンでは、ドライバーの打ち方や構え方を学べるので、ドライバーでの引っ掛けも短期間で修正しやすいでしょう。

そこでこの記事の最後に、ドライバーが引っ掛けになる場合におすすめのゴルフレッスン3選を紹介します。

 

どうしてもドライバーを引っ掛ける場合はゴルフレッスンに通うのもアリ

どうしてもドライバーが引っ掛けになる時は、次のゴルフレッスンに通ってみるのがおすすめです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

おすすめゴルフレッスン3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

ここで紹介するゴルフレッスンは、どちらも全国に店舗を展開しており、通いやすい場所にあるのがポイントです。
施設によって教え方や雰囲気も異なりますので、ご自身の希望に合ったレッスンを選ぶことで、ドライバーの引っ掛けも改善しやすいでしょう。
それでは、ドライバーが引っ掛けになる時のおすすめゴルフレッスンを3つ紹介します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

SMART GOLFのポイント
  • ポイント①:超高性能シミュレーターによるスイングの分析
  • ポイント②:24時間365日利用可能
  • ポイント③:半個室&個室完備

ドライバーが引っ掛けになる時のおすすめゴルフレッスン1つ目はSMART GOLFです。

SMART GOLFでは、超高性能シミュレーターを用いて数値化したスイングデータを基にした指導が受けられます。

また、24時間365日利用回数に制限なく利用できますので、料金を気にせず練習に打ち込みたい方にはおすすめのレッスンです。

半個室&個室を完備しているため、周りの環境を気にせず練習ができます。

短期間で集中してドライバーの練習をしたい人は、SMART GOLFの無料レッスンを試してみてください。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

RIZAP GOLFのポイント

ポイント①:ゴルフ力診断
ポイント②:あなた専用の上達プログラム
ポイント③:全店舗徒歩10分圏内

ドライバーが引っ掛けになる時のおすすめゴルフレッスン2つ目はRIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFでは、カウンセリングとショット診断によりあなたの本当の課題を抽出できます。

さらに、課題や生活リズムを基にしたあなた専用の上達プログラムでのレッスンを受けることが可能です。

全店舗徒歩10分圏内にあるため、通いやすいのもポイントです。

自宅から通いやすい環境でドライバーの練習をしたい人は、RIZAP GOLFでレッスンを受けるのが良いでしょう。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

チキンゴルフのポイント
  • ポイント①:楽しむことがモットーのレッスン
  • ポイント②:通い放題のパーソナルレッスン
  • ポイント③:ライフスタイルに応じて選べる3つのプラン

ドライバーが引っ掛けになる時のおすすめゴルフレッスン3つ目はチキンゴルフです。

チキンゴルフでは「楽しくなければゴルフじゃない!」をコンセプトに、楽しみながらゴルフレッスンを受けられます。

基礎から丁寧に教えてもらえるゴルフレッスンで、初心者の人でも始めやすいのがポイントです。

また、セミパーソナルレッスンが通い放題なので、早く上達をしたい人はチキンゴルフを試してみるのも良いでしょう。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:ドライバーが引っ掛けになるのは、構え方が間違っている場合が大半!

この記事では、ドライバーが引っ掛けになる原因や対処法を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドライバーが引っ掛けになる原因まとめ

ドライバーが引っ掛けになる3つの原因

  • 原因①:ストロンググリップで構えている
  • 原因②:ハンドダウンで構えている
  • 原因③:アウトサイドイン軌道でスイングしている

ドライバーが引っ掛けになる時の直し方

  • 対処法①:スクエアグリップで構える
  • 対処法②:アドレスの位置を修正する
  • 対処法③:インサイドイン軌道にする

どうしてもドライバーが引っ掛けになる時はゴルフレッスンに通うのもアリ

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

ドライバーが引っ掛けになる場合は、構え方が間違っているために、ボールが左に飛んでいくことが多いです。

ストロンググリップで構えている場合や、ハンドダウンで構えている場合には、ドライバーの構え方を見直すことから始めましょう。

スクエアグリップで構えたり、アドレスの位置を正しく修正することで、ドライバーの引っ掛けを治せるかもしれません。

もしどうしてもドライバーの引っ掛けが治らない場合には、ゴルフレッスンに通い、ドライバーの正しい打ち方を教えてもらうのも良いでしょう。

この記事で紹介したようなゴルフレッスンを参考に、ご自身に合った環境で練習し、ドライバーの引っ掛けを治していきましょう。

この記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたの週末ゴルフがもっと楽しみになると幸いです。
「週末ゴルフ部」では他にも、ゴルフに役立つ記事をたくさん公開しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成