ウェッジでのバックスピンのかけ方は?打ち方のコツやおすすめアイテムを解説

ウェッジでのバックスピンのかけ方は?打ち方のコツやおすすめアイテムを解説

ウェッジでアプローチをする際は、激スピンをかけて、ふんわりと高さを出したショットを打ちたい人は多いです。

しかし、なかなかスピンがかからなかったり、ウェッジでのアプローチに苦手意識を持つ人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ウェッジでのバックスピンのかけ方を解説します。

合わせて、ウェッジでバックスピンがかからない原因や、スピンをかけやすいおすすめのゴルフアイテムも紹介します。

「ウェッジでバックスピンをかけたアプローチショットが打ちたい!」そんな人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、ウェッジでスピンをかけた打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

ウェッジでバックスピンがかかる仕組みは?

初めに、そもそもウェッジでバックスピンがかかる原理について、簡単に説明しますね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

バックスピンとは、ボールが飛ぶ方向とは逆向きの回転がかかっている状態のことです。

バックスピンが起きる原理は、インパクトの瞬間に、ボールとフェース面が接触する摩擦によって生まれます。

そして、ボールとフェース面が長い時間接触しているほど、スピン量は多くなり、激スピンになります。

ボールがスピンしたまま地面に落ちると、グリーン上で転がらずにピタッと止まったり、少し後ろに戻ってきたりします。

打ちすぎを防止したり、ピンにベタ付けしたりする目的で、ウェッジでスピンをかけてアプローチショットを打つ人が多いです。

プロゴルファーがウェッジでアプローチした際、ボールがピン奥に落ちた後、ピンの方向に戻る光景を見たことのある人もいるかと思います。
激しいバックスピンのかかり方を見ると「自分もあんな球を打てるようになりたい!」と憧れてしまいますよね。
そこで次に、ウェッジでのバックスピンのかけ方を解説します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ウェッジでのバックスピンのかけ方!ポイントは3つ

ウェッジでのバックスピンのかけ方のポイントは主に3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ウェッジでのバックスピンのかけ方
  • ポイント①:ハンドファーストを意識する
  • ポイント②:ヘッドスピードを上げる
  • ポイント③:フェースを開く

ここで紹介するポイントを踏まえてウェッジを打つことで、バックスピンのかかったボールが打ちやすくなるでしょう。
それでは、ウェッジでのバックスピンのかけ方を詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ポイント①:ハンドファーストを意識する

ウェッジでバックスピンをかけるためには、ダウンブローでインパクトをする必要があります。

ダウンブローで打つことで、インパクト時の入射角が大きくなり、スピン量が増えます。

そして、ダウンブローで打つためには、ハンドファーストで構えることが重要です。

ウェッジをハンドファーストで構えることで、ヘッドの最下点がボールより前方になるため、スピン量が増え、バックスピンがかかります。

ウェッジでバックスピンをかけたい人は、ダウンブローとハンドファーストの両方を意識して練習してみてください。
ただし、上から打ち込みすぎるとダフってしまう可能性があるため、注意しましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ポイント②:ヘッドスピードを上げる

ウェッジでバックスピンをかけるためには、ヘッドスピードを上げることを意識しましょう。

インパクトの際に、フェース面がボールに対して上を向いていることで、バックスピンがかかります。

その際、ヘッドスピードが早ければ早いほど、ボールとフェース面に大きな摩擦が生まれます。

ウェッジでバックスピンがかからなくて悩んでいる人は、ヘッドスピードを意識して練習しましょう。

正しいスイングをして、体の回転をしっかり使うのがヘッドスピードを上げるコツです。

 

ポイント③:フェースを開く

ウェッジでバックスピンをかけたい場合、フェースを開くのが基本です。

フェースを開くことでロフト角が大きくなるため、フェースとボールの接地時間が長くなり、スピン量が増えやすくなります。

また、フェースを開くことでボールが高く上がるため、ボールが転がりにくくなります。

ただし、フェースを開きすぎるとスライスやシャンクなどの原因に繋がるため、注意が必要です。
ウェッジのフェースが上を向くイメージで練習を行いましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ウェッジでバックスピンがかからない時の原因は?

ハンドファーストで構えたり、フェースを開いたりしてもウェッジでバックスピンがかからない場合は、以下の原因が考えられます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ウェッジでバックスピンがかからない原因
  • 原因①:ボールを置く位置がずれている
  • 原因②:芝や天候の影響をうけている
  • 原因③:スピン系のボールを使っていない

ウェッジでバックスピンがかからない原因について、詳しく解説します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

原因①:ボールを置く位置がずれている

ウェッジでバックスピンがかからない場合、ボールを置く位置がずれていないか確認しましょう。

ボール位置がずれていると、ハンドファーストで打てず、バックスピンがかかりにくい可能性があります。

ボールを置く位置は、アドレスのセンターか、ボール1個分右に寄せて置くのがおすすめです。

ボールの位置

この位置にボールを置くことで、ハンドファーストで打ちやすくなり、バックスピンもかけやすくなるでしょう。

この方法は初心者の人でも簡単に取り入れられるので、悩んでいる人はぜひ試してみてください。

ただし、右に置きすぎると正しいアドレスを取れなくなってしまうため、注意しましょう。

 

原因②:芝や天候の影響をうけている

打ち方に原因があるのではなく、芝や天候の影響を受けているために、バックスピンがかかりにくい可能性があります。

例えば、伸びた芝や草が生い茂るラフからボールを打つと、インパクト時にフェースの間に芝が入ってしまいます。

バックスピンはボールとフェース面の摩擦によって起こるため、このような状況だとスピンはかかりません。

フェアウェイから打つと、ボールにしっかりインパクトでき、摩擦も生じやすくなるため、バックスピンがかかりやすいでしょう。

また、バックスピンは芝目や風の向き、ライの状況などの影響も受けます。

正しい打ち方でも、状況によってはバックスピンがかかりにくいことを念頭に置いておくと良いでしょう。

 

原因③:スピン系のゴルフボールを使っていない

男性ゴルファーさん

スピンをかける打ち方をしているのに、ウェッジでバックスピンがうまくかからない…

このような人は、スピン系のゴルフボールを使ってみましょう。

ゴルフボールの種類には「スピン系」「ディスタンス系」「ディスタンス系とスピンの中間」の3つがあります。

スピン系のゴルフボールは、スピンがかかりやすい構造になっているため、ウェッジでバックスピンがうまくかからない人におすすめです。

どのメーカーを選ぶべきか分からないという人は、これから紹介するおすすめのゴルフボールを参考にしてみてください。

 

ウェッジでバックスピンをかけたい人におすすめのゴルフアイテム

ウェッジでのバックスピンのかけ方が分からない人は、スピン性能の高いウェッジやスピン系のゴルフボールを使うのがおすすめです。

ここでは、おすすめのゴルフアイテムを紹介します。

これからラウンドデビューを控えている人もぜひ参考にしてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

スピン性能の高いウェッジ

ウェッジでバックスピンをかけたい人におすすめのスピン性能の高いウェッジは、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

商品名 画像 特徴 詳細
タイトリスト
VOKEY SM9
タイトリストvokeysm9の画像 ・ソールの削り方のバリエーションが豊富

・スピン性能が高く、狙った位置にボールを止められる

Amazonで詳しく見てみる
クリーブランド
RTX6 ZIPCORE
クリーブランドrtx6zipcoreの画像 ・プロも愛用するほどの安定したスピン性能を誇る

・悪条件下でもスピン性能が劣らない

Amazonで詳しく見てみる
フォーティーン
DJ-5
フォーティーンdj-5の画像 ・アマチュアでもスピンをかけやすく、使いやすいクラブ

・ミスヒットに強い

Amazonで詳しく見てみる

パフォーマンスの安定性を誇るものや、アマチュア向けに作られたものなど、スピン性能の高いウェッジにもさまざまな種類があります。
自分に合うクラブを知りたい人は、ゴルフレッスンやゴルフショップで試打するのがおすすめです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

スピン系のゴルフボール

ウェッジでバックスピンをかけたい人におすすめのスピン系ゴルフボールは、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

商品名 画像 特徴 詳細
BRIDGESTONE
GOLF TOUR B XS
bridgestonegolftourbxsの画像 ・スピン性能がとても高く、フェースへの乗り感が魅力

・ソフトな打感

Amazonで詳しく見てみる
テーラーメイド
TP5x Pix
テーラーメイドtp5xpixの画像 ・メーカー独自の5層構造で、各番手に必要な適正スピン量を発揮

・個性的なデザイン

Amazonで詳しく見てみる
Trust
Aurora
trustauroraの画像 ・飛距離とスピンを両立が叶うボール

・インパクト時の食いつくような打感が特徴

Amazonで詳しく見てみる

ボールを変えるだけで急にスピンがかかることもあるため、ぜひこちらを参考にスピン系のボールを選んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ウェッジでのバックスピンのかけ方を覚えるならゴルフレッスンに通おう

ウェッジでのバックスピンのかけ方をマスターしたい人はゴルフレッスンに通うのがおすすめです。
おすすめのゴルフレッスンは3つあります。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

おすすめレッスン3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

それぞれのゴルフレッスンの特徴を詳しく解説します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

ウェッジでのバックスピンのかけ方を覚えるためのゴルフレッスン1つ目はSMART GOLFです。

SMART GOLFのポイント
  • 入会金不要・定額で通い放題
  • 最新のシミュレーター完備
  • 24時間365日練習できる

SMART GOLFは、定額で通い放題のゴルフレッスンです。

高性能のゴルフシミュレーターを完備しているため、自分のスイングをデータ化し、理想のスイングに近づくための練習ができます。

シミュレーターで計測したデータは、自分のスマホで確認することも可能です。

24時間365日練習可能な店舗も多く、好きな時間に練習ができるため、仕事帰りなどに通いたい人にもおすすめですよ。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

ウェッジでのバックスピンのかけ方を覚えるためのゴルフレッスン2つ目はRIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFのポイント
  • 専属トレーナーによるマンツーマンレッスン
  • 高性能シミュレーター付きの練習環境
  • 会員になるとchocoZAPが無料で利用可能

RIZAP GOLFでは、専属トレーナーが1人ひとりに合わせたレッスンをしてくれます。

自分自身の本当の課題や、弱点に合わせたレッスンを受けられるため、上達している実感を持ちながら練習することが可能です。

クラブフィッティングもしてくれるので、自分に合うウェッジを探している人にもおすすめです。

会員になるとchocoZAPが無料で利用できるため、ゴルフ上達に必要な基礎体力作りも手軽に行えますよ。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

ウェッジでのバックスピンのかけ方を覚えるためのゴルフレッスン3つ目はチキンゴルフです。

チキンゴルフのポイント
  • 初心者や未経験者向け
  • 集中できる環境でパーソナルレッスンが受けられる
  • 全国各地に店舗がある

チキンゴルフは、全国各地に店舗が続々と増えているゴルフレッスンです。

初心者や未経験者向けの基礎レッスンを受けることが可能で、楽しくゴルフを学べます。

パーソナルレッスンなので、1人ひとりの悩みに合わせたレッスンを受けられるのも魅力です。

ウェッジでのスピンのかけ方も丁寧に教えてもらえそうですね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:ウェッジでのバックスピンのかけ方はスイングを意識しよう!

この記事ではウェッジでのバックスピンのかけ方や、スピンがかからない原因を解説しました。

要点をまとめると以下の通りです。

ウェッジでのバックスピンのかけ方まとめ

ウェッジでのバックスピンのかけ方!ポイントは3つ

  • ポイント①:ハンドファーストを意識する
  • ポイント②:ヘッドスピードを上げる
  • ポイント③:フェースを開く

ウェッジでバックスピンがかからない時の原因は?

  • 原因①:ボールを置く位置がずれている
  • 原因②:芝や天候の影響をうけている
  • 原因③:スピン系のゴルフボールを使っていない

スピン性能の高いウェッジ

スピン系のゴルフボール

ウェッジでのバックスピンのかけ方を覚えるならゴルフレッスンに通おう

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

バックスピンは、ボールとフェース面が接触した際におこる摩擦によって生まれます。

ウェッジには摩擦が生まれやすくなるための溝が彫られており、他のクラブに比べるとスピンがかかりやすいクラブです。

そのため正しく打てば、バックスピンがかかります。

しかし、狙った位置でボールをピタッと止めるためには、適正なスピン量が必要です。

そのためにはハンドファーストで打つことや、ヘッドスピードなども重要になってきます。

また、スピン性能の高いゴルフアイテムを使うとより簡単にバックスピンをかけることができるでしょう。

「ボールにバックスピンをかけて、狙った位置でピタッと止めたい」

「プロのようにキュキュッと戻ってくるボールを打ちたい」

このような人はこの記事で紹介した方法を参考に練習してみてくださいね。