ドライバーがまっすぐ飛ばない3つの原因!真っ直ぐ飛ばすコツと対処法も解説

ドライバーがまっすぐ飛ばない3つの原因!真っ直ぐ飛ばすコツと対処法も解説

ドライバーショットがまっすぐ飛ばず、悩んでいるゴルファーは多いのではないでしょうか?

ゴルフを楽しんだり、スコアアップを目指したりするためには、ドライバーをまっすぐ飛ばすことが大切です。

そこでこの記事では、ドライバーがまっすぐ飛ばない原因やスイングのコツを解説します。

合わせて、ドライバーをまっすぐ飛ばすための対処法も紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えしておくと、ドライバーがまっすぐ飛ばない時はゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

ドライバーがまっすぐ飛ばない原因

ドライバーがまっすぐ飛ばない原因は主に3つあります。

ドライバーがまっすぐ飛ばない原因
  • 原因①:力を入れすぎている
  • 原因②:ボールの位置が合っていない
  • 原因③:アウトサイドインでスイングしている

以下では、原因を1つずつ解説します。

 

原因①:力を入れすぎている

ドライバーがまっすぐ飛ばない代表的な原因が、力の入れすぎです。

特にゴルフ初心者は、ボールを飛ばそうとする意識が強く、肩や腕などが力んでしまうことがあります。

余計な力が入っていると、正しいスイングの動きがしづらくなり、ミスショットに繋がるでしょう。

また力んでしまうと、インパクトで手が先に出てしまいやすくなります。

手が先行すると、フェースが開いてしまい、ボールがまっすぐ飛びません。

 

原因②:ボールの位置が合っていない

ボールの位置が合っていないことも、ドライバーがまっすぐ飛ばない原因です。

ゴルフはボールを置く位置によって、打てるボールがある程度狭まってしまいます。

そのため、ボールの位置を誤ると、アドレスやスイングにも悪影響を及ぼす可能性があります

右打ちの場合、ボールが左側に寄っていると、スライスが出やすくなるでしょう。

また、ボールが中央に寄り過ぎている場合は、手元が早く下がりすぎてしまい、ボールの軌道が低くなる傾向があります。

 

原因③:アウトサイドインでスイングしている

アウトサイドインでスイングをすると、ドライバーがまっすぐ飛びません。

アウトサイドインは、理想のスイングよりもヘッドが外側から内側へ進入します。

そのため、インサイドへクラブを逃そうと体が開いてしまい、フェースも開きやすくなります。

フェースが開いたまま、ボールを打つとスライスのような打球になるでしょう。

正しいスイングは、ヘッドが内側から入り、内側へ抜けるインサイドインの軌道を描きます。

 

ドライバーをまっすぐ飛ばす3つのコツ

ドライバーをまっすぐ飛ばすコツは以下の3つです。

ドライバーをまっすぐ飛ばすコツ
  • コツ①:正しいアドレスで構える
  • コツ②:ストロンググリップで構える
  • コツ③:前傾姿勢を保ってスイングする

3つのコツを押さえ、正しいスイングを身につけると、ドライバーをまっすぐ飛ばせるでしょう。

 

コツ①:正しいアドレスで構える

まずは、正しいアドレスで構えることが大切です。

アドレスで、ボールの位置やフェースの向きを正しく合わせると、打てるボールも変わります。

ドライバーの場合、ボールの位置はスタンスを取った時の「左足かかとの延長線上」と言われています。

ドライバーを握る時は、まず右手だけで持ち、フェースを狙いたい方向に合わせましょう。

その上で肩幅より少し広めのスタンスを取り、グリップを両手で握ってアドレスに入ると、フェースの向きがブレにくくなります。

 

コツ②:ストロンググリップで構える

ドライバーをまっすぐ飛ばすには、ストロンググリップで構えることもポイントです。

ストロンググリップで構えることで、正しいアドレスで構えやすくなります。

右打ちの場合、ストロンググリップは以下のような手順で握ります。

  • 左手をグリップの上から被せるように握る
  • 右手は左手に沿うように、グリップを下から握る

コツ③:前傾姿勢を保ってスイングする

ドライバーでボールを捕える上で、前傾姿勢を保ってスイングすることが重要です。

スイングで前傾姿勢が崩れると、アドレス時とインパクト時でクラブが同じ位置を通らず、ボールを思い通りに飛ばせません。

前傾姿勢は背筋を自然に伸ばした状態で、腰から上体を曲げます。

膝はあまり曲げすぎず、お尻を突き上げるイメージを持つのがコツです。

前傾姿勢を維持しながら、力を抜いた状態でスイングしましょう。

 

ドライバーがまっすぐ飛ばない時の対処法

ここでは、ドライバーをまっすぐ飛ばない時の対処法を解説します。

ドライバーをまっすぐ飛ばない時の対処法
  • 対処法①:片手打ちで素振りをする
  • 対処法②:ハーフスイングで練習する
  • 対処法③:短く持ってスイングする
  • 対処法④:動画を撮って自分のスイングを確認する

対処法を日々の練習に取り入れて、ドライバーショットを改善してみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

対処法①:片手打ちで素振りをする

ドライバーがまっすぐ飛ばない時の練習として、片手打ちで素振りをする方法があります。

ドライバーは、スイングで起こる遠心力を利用して打ちます。

片手打ちは、自分の力ではなく、遠心力を利用する感覚を身につけるのに有効です。

右打ちの場合、右手でドライバーを持ってスイングします。

まずは小さく左右に動かす程度にし、遠心力で振り子運動をするイメージでドライバーを素振りをしましょう。

安定したら徐々にスイング幅を大きくして、ドライバーを片手で打つ感覚を掴みましょう。

 

対処法②:ハーフスイングで練習する

ドライバーをまっすぐ飛ばすために、ハーフスイングで練習するのもひとつの手です。

ハーフスイングは体の回転が小さいため、ボールを見ながらインパクトできます。

まずはハーフスイングでまっすぐ飛ばす練習をすると、フルスイングでのミート率を上げられるでしょう。

練習のポイントは「芯にボールが当たる感覚を掴むこと」「狙った方向に飛ばすこと」の2つです。

ボールの飛距離は意識せず、正しく打った時の感覚を体に染み込ませましょう。

 

対処法③:短く持ってスイングする

ドライバーを短く持ってスイングするのも、おすすめの練習法です。

短いクラブが使えなければ、長いクラブは中々使いこなせません。

ドライバーは、ゴルフクラブの中で最も長いため、短くして扱いやすくすると良いでしょう。

グリップは、左手をシャフトとグリップの境目より、少し上の位置にするのが目安です。

短く持ってスイングする時も、ハーフスイングから始めましょう

インサイドインのスイングを意識しつつ、フェースにボールを当てる感覚を養いましょう。

 

対処法④:動画を撮って自分のスイングを確認する

自分では正しいフォームで打っているつもりでも、悪いクセがついていることがあります。

動画を撮って自分のスイングを客観的に確認すると、ドライバーがまっすぐ飛ばない原因を掴みやすくなります。

プロゴルファーのスイング動画と見比べて、お手本のスイングに近づけていくと、自然ときれいなスイングが身につくでしょう。

アプリなどを使い、動画に線や目印をつけると、頭や姿勢のブレがわかりやすくなります。

 

どうしてもドライバーがまっすぐ飛ばない時はゴルフレッスンに通うのがおすすめ!

どうしてもドライバーがまっすぐ飛ばない時は、ゴルフレッスンの利用をおすすめします。

おすすめのゴルフレッスンは以下の3つです。

おすすめのゴルフレッスン3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

ここでは、それぞれのゴルフレッスンの特徴を詳しく解説します。

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

SMART GOLFのおすすめポイント
  • AIによるフォーム診断で自分のスイングを数値化できる
  • 半個室・個室完備
  • 100名限定の完全会員制

ドライバーがまっすぐ飛ばない時におすすめのゴルフレッスン1つ目はSMART GOLFです。

超高性能シミュレーターを完備し、自分のスイングを数値化できます。

弱点を把握しやすく、正しいフォームも身につけやすいでしょう。

プロの指導も分析したスイングデータをもとに行うため、的確で具体的なアドバイスを受けられます。

半個室・個室を整備し、周囲を気にせず練習できるのも嬉しいポイントです。

利用回数無制限で、24時間365日使えます!
1日に何度も利用できるため、集中的にドライバー練習に取り組みたい場合にぴったりです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

RIZAP GOLFのおすすめポイント
  • 専属トレーナーによるマンツーマンのレッスン・専用プログラム
  • 最適なクラブフィッティング
  • フィジカルトレーニングで体力づくりも可能

ドライバーがまっすぐ飛ばない時におすすめのゴルフレッスン2つ目はRIZAP GOLFです。

専属トレーナーによる個別レッスンで、スコアが上がらない原因や課題を親身に解決してくれます

レッスン後も音声解説付きの動画が送られるので、自主練習の質も高められるでしょう。

RIZAP GOLFの特徴は、フォーム改善だけでなく、クラブフィッティングやフィジカルトレーニングまでできることです。

体を正しく動かすトレーニングもできるため、根本的なスイングの改善にも繋がるでしょう。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

チキンゴルフのおすすめポイント
  • 高性能シミュレーター付き個室を完備
  • パーソナルレッスン通い放題
  • 初心者や未経験でも安心のレッスン内容

ドライバーがまっすぐ飛ばない時におすすめのゴルフレッスン3つ目はチキンゴルフです。

最新機材を使ったシミュレーションで、課題を明確にできます。

楽しむことを大切に、悩みに寄り添った指導を行うため、課題解決までのプロセスも楽しみながら乗り越えられるでしょう。

業界初のパーソナルレッスン通い放題を採用しているのも、大きな特徴です。

困った時にプロのアドバイスをすぐに受けられるため、躓くことなく短期間で上達できるでしょう。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:ドライバーをまっすぐ飛ばすには正しいアドレスとスイングが大切!

この記事ではドライバーがまっすぐ飛ばない原因や対処法について解説しました。

今回のまとめは以下の通りです。

ドライバーがまっすぐ飛ばない原因まとめ

ドライバーがまっすぐ飛ばない原因

  • 原因①:力を入れすぎている
  • 原因②:ボールの位置が合っていない
  • 原因③:アウトサイドインでスイングしている

ドライバーをまっすぐ飛ばす3つのコツ

  • コツ①:正しいアドレスで構える
  • コツ②:ストロンググリップで構える
  • コツ③:前傾姿勢を保ってスイングする

ドライバーがまっすぐ飛ばない時の対処法

  • 対処法①:片手打ちで素振りをする
  • 対処法②:ハーフスイングで練習する
  • 対処法③:短く持ってスイングする
  • 対処法④:動画を撮って自分のスイングを確認する

どうしてもドライバーがまっすぐ飛ばない時はゴルフレッスンに通うのがおすすめ!

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

まとめ:ドライバーをまっすぐ飛ばすには正しいアドレスとスイングが大切!

ドライバーがまっすぐ飛ばない時は、基本に立ち返って、アドレスやスイングを見直しましょう。

ハーフスイングから始めて、正しいスイングと芯にボールが当たる感覚を身につけましょう。

それでもドライバーがまっすぐ飛ばない時は、ゴルフレッスンに通うのがおすすめです。

高性能シミュレーターによるスイング分析で、自分の弱点を確実に克服できるでしょう。

本記事で紹介したコツや対処法を参考に、楽しくラウンドを回ってくださいね。