【コツは3つだけ】ゴルフの手打ちの直し方!原因と直らないデメリットも解説

【コツは3つだけ】ゴルフの手打ちの直し方!原因と直らないデメリットも解説

ゴルフを始めたばかりだと、スイングが腕の力だけを使って打つ「手打ち」になっている人は多いです。

スイングが手打ちになっていると、飛距離が出ず、トップやダフりなどの原因にもなるため、早めに直すことが大切です。

そこでこの記事では、ゴルフの手打ちの直し方について解説します。

合わせて、手打ちで打つデメリットや、スイングが手打ちになる3つの原因も解説します。

スイングが手打ちになって悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えしておくと、今のスイングに不安がある人はゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

ゴルフで手打ちはダメって本当?

先に結論をお伝えすると、ゴルフでの手打ちはおすすめできません。

「初心者のうちは手打ちで良い」という意見も多く見られますが、これは「手打ちでも良いから、初心者はゴルフの楽しみ方を知ることが大切」という考え方からです。

年に1〜2回ほどラウンドに出るようなペース感であれば、手打ちでも問題ないでしょう。

しかし、これからゴルフを上達していき、スコアアップを目指したい人は、手打ちは今すぐ直した方が良いです。

では、なぜ手打ちが推奨されないのか、その具体的なデメリットを、次の章で詳しく解説していきます。

 

ゴルフの手打ちにはデメリットがたくさん!

ゴルフで手打ちをするデメリットは、主に次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

手打ちのデメリット
  • デメリット①:ショットが安定しない
  • デメリット②:飛距離が出にくい
  • デメリット③:腕や手首を痛めやすい

 

デメリット①:ショットが安定しない

ゴルフで手打ちをするデメリット1つ目は、ショットが安定しないことです。

手打ちはクラブを手や腕の力のみで扱おうとするため、無駄な力が入り、ダフリやトップなどのミスショットの原因になり得ます。

また、手打ちは体の軸を使わず、腕のみでスイングするため、体がブレて不安定なショットになります。

 

デメリット②:飛距離が出にくい

ゴルフで手打ちをするデメリット2つ目は、ボールの飛距離が出にくいことです。

手打ちだとコッキングが行われにくく、クラブヘッドが加速しません。

手打ちでは、腕の力しかボールに伝わらないため、体の捻転をうまく使ったショットよりも飛距離が落ちます。

 

デメリット③:腕や手首を痛めやすい

ゴルフで手打ちをするデメリット3つ目は、腕や手首を痛めやすいことです。

手打ちは腕や手首を中心に使うため、全身を使ったスイングに比べて負担がかかりやすいです。

また、ミート率も落ちるため、ダフリなどのミスショットが増えます。

ミスショットをした際は、腕や手首にかかる負担がさらに大きく、場合によっては故障の原因にもなります。

 

ゴルフでスイングが手打ちになる3つの原因

ここまで手打ちのデメリットを解説してきましたが、なぜスイングが手打ちになるのでしょうか。
スイングが手打ちになる主な原因は、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

スイングが手打ちになる3つの原因
  • 原因①:クラブをボールに当てにいっている
  • 原因②:上半身の回転を使えていない
  • 原因③:体重移動ができていない

 

原因①:クラブをボールに当てにいっている

手打ちになる原因の1つ目は、クラブをボールに当てにいっていることです。

初心者のうちは上手くミートさせるよりも、クラブをボールに当てることについ意識が向きがちなものです。

クラブを当てる意識が強すぎると、ボールまでの距離を腕で調整する形になり、結果として手打ちになります。

 

原因②:上半身の回転を使えていない

手打ちになる原因の2つ目は、上半身の回転を使えていないことです。

ゴルフのスイングは、上半身の回転を利用するボディターンでのスイングが理想です。

しかし、上半身の回転が足りていないと、その分を腕を上げて補う形になるため、手打ちの原因になります。

また、ボールを見ようとするあまり、顔がボールのある位置を見たままになる人も、上体を回転させられず、手打ちになることがあります。

 

原因③:体重移動ができていない

手打ちになる原因の3つ目は、体重移動ができていないことです。

ボディターンは、上半身の回転だけでなく、下半身を使って体重移動をする必要があります。

しかし、体重移動が十分に行われていないと、スイング時に上体の回転が不足します。

その結果、回転が足りない分の力を腕で補おうとし、スイングが手打ちになってしまいます。

 

ゴルフの手打ちの直し方!ポイントは3つ

スイングが手打ちになる原因がわかったところで、次は手打ちの直し方を解説します。
自分に当てはまる原因に合わせて対処法を実践し、手打ちを直していきましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

手打ちの直し方
  • 直し方①:ボールとの距離を修正する
  • 直し方②:アドレス位置を修正する
  • 直し方③:体と腕の動きを同調させる

 

直し方①:ボールとの距離を修正する

ゴルフで手打ちを直すには、まずはボールとの距離を修正してみましょう。

ボールとの距離は、クラブを構えた時に、フェースの中央にボールが来るあたりで調整するのが良いでしょう。

また、クラブのグリップエンドと体までの距離が握り拳2つ分ほど離れていると、適切な距離で構えられている目安です。

ボールとの理想的な距離については、以下の記事で詳しく解説しているため、合わせて読んでみてみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

直し方②:アドレス位置を修正する

手打ちを直す上で、アドレス位置を修正することも大切です。

アドレス位置を適切にとることで、先ほど説明したボールとの距離を適切に保てるため、手打ちを避けることができます。

一般的に、ボールはスタンスの中央〜ボール1個分ほど左側に置くことが多いです。

そうすることで、スイング中に上半身をうまく使え、体全体を使ったスイングができるようにになります。

毎回同じアドレス位置を保って練習することで、手打ちも直しやすくなるでしょう。

 

直し方③:体と腕の動きを同調させる

手打ちを直すためには、体と腕の動きを同調させることも重要です。

バックスイング時には、上体を約90度回転させましょう。

この時、肩の回転を意識することで、上半身全体の力をスイングに効果的に伝えられます。

ダウンスイング時も同様で、肩の回転をうまく使うことが大切です。

肩の動きをうまくコントロールすることで、体と腕が一体となった、スムーズなスイングができるようになります。

これらの動きを意識して練習することで、体と腕の動きが同調し、手打ちを効果的に直せることでしょう。

 

ここまで、手打ちになる原因や直し方について解説してきました。

手打ちの原因に合わせた直し方を実践し、改善していきましょう。

しかし、なかなか手打ちが治らない時は、ゴルフレッスンに通ってスイングを教えてもらうのがおすすめです。

ゴルフレッスンではあなたの課題に合わせて、丁寧にプロが指導してくれるため、手打ちもすぐに治しやすいです。

そこでこの記事の最後に、おすすめのゴルフレッスン3選を紹介します。

 

手打ちが直らない人におすすめのゴルフレッスン3選

手打ちが直らない人におすすめのゴルフレッスンを3つ紹介します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

おすすめのゴルフレッスン3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

SMART GOLFのポイント
  • ポイント①:超高性能シミュレーターでのスイング分析
  • ポイント②:24時間365日無制限で利用可能
  • ポイント③:個室完備で周りを気にせず練習可能

手打ちが直らない人におすすめのゴルフレッスン1つ目はSMART GOLFです。

SMART GOLFでは、超高性能シミュレーターを用いて、あなたのスイングを分析できます。

そのため、手打ちになる原因が掴めない人は、試してみるのも良いでしょう。

また、24時間365日回数の制限なく利用可能ですので、練習を多く重ねたい人にはおすすめです。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

RIZAP GOLFのポイント
  • ポイント①:理想のスイングの定着
  • ポイント②:あなた専用の練習プログラム
  • ポイント③:オンラインサポート

手打ちが直らない人におすすめのゴルフレッスン2つ目はRIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFでは、理想のスイングの定着を目指すマンツーマンレッスンが受けられます。

スイングのアドバイスだけでなく、フィジカルトレーニング、クラブフィッティングなどの多様なサポートが受けれらます。

また、レッスン外でも、オンラインでアドバイスが受けられるため、練習・改善がすぐ行えることもポイントです。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

チキンゴルフのポイント
  • ポイント①:楽しむことがモットーのレッスン
  • ポイント②:基礎から学べるレッスン
  • ポイント③:通い放題のパーソナルレッスン

手打ちが直らない人におすすめのゴルフレッスン3つ目はチキンゴルフです。

チキンゴルフでは、楽しみながら上達できるようなレッスンを、モットーにしています。

そのため、レッスンも基礎から学べるものが多く、ゴルフ初心者におすすめです。

また、パーソナルレッスンが通い放題のため、短期間での上達が見込めます。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:手打ちを直すにはスイング方法を見直そう!

今回の記事では、手打ちのデメリット、直し方について解説しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

ゴルフで手打ちになる原因まとめ

ゴルフの手打ちにはデメリットがたくさん!

  • デメリット①:ショットが安定しない
  • デメリット②:飛距離が出にくい
  • デメリット③:腕や手首を痛めやすい

ゴルフでスイングが手打ちになる3つの原因

  • 原因①:クラブをボールに当てにいっている
  • 原因②:上半身の回転を使えていない
  • 原因③:体重移動ができていない

ゴルフの手打ちの直し方!ポイントは3つ

  • 直し方①:ボールとの距離を修正する
  • 直し方②:アドレス位置を修正する
  • 直し方③:体と腕の動きを同調させる

手打ちが直らない人におすすめのゴルフレッスン3選

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

手打ちでのスイングは、スコアが伸びづらいだけでなく、手首や腕を痛める原因にもなり得ます。

また、手打ちになる人の多くは、スイングの方法に原因がありますので、今回の記事を参考にして、修正してみてください。

原因が掴めない場合は、おすすめのゴルフレッスンも紹介したので、試してみるのもおすすめです。