アイアンがトゥに当たる5つの原因!先に当たる時の対処法も解説

アイアンがトゥに当たる5つの原因!先に当たる時の対処法も解説

こんにちは。「週末ゴルフ部」編集長の岩成です。
この記事では、アイアンがトゥに当たる原因と対処法を解説します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

いつも通りにアイアンをスイングしていても、やたらとトゥに当たることもあるかと思います。

しかし、アイアンがトゥに当たっていると、狙った方向にボールを飛ばせずスコア低下に繋がるため、すぐに治すことが大切です。

そこでこの記事では、アイアンがトゥに当たる原因と対処法について解説します。

アイアンがトゥに当たる悩みを今すぐ解決したい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、アイアンの正しい打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

アイアンがトゥに当たる5つの原因

まず初めに、アイアンがトゥに当たる原因をおさらいしていきます。
アイアンがトゥに当たる原因は、次の5つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンがトゥに当たる5つの原因
  • トゥに当たる原因①:インサイドアウトでスイングしている
  • トゥに当たる原因②:グリップを過度に握っている
  • トゥに当たる原因③:過度なオープンスタンスになっている
  • トゥに当たる原因④:ボールの位置が右寄りすぎる
  • トゥに当たる原因⑤:体がボールから離れている

それでは、アイアンがトゥに当たる原因を詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

トゥに当たる原因①:インサイドアウトでスイングしている

アイアンがトゥに当たる原因として、スイング軌道がインサイドアウトになっていることが挙げられます。

一般的に、アイアンはインサイドインの軌道でスイングすることで、目標に向けて打ちやすくなります。

インサイドインであれば、ボールに対して内側から入り、インパクト後は飛球線の内側へ抜けていくため、アイアンのスイートスポットに当たりやすくなります。

しかし、ダウンスイング時にインサイドアウトの軌道でスイングしていると、インパクト後に飛球線の外側へ抜けていくため、アイアンのトゥに当たる原因となります。

 

トゥに当たる原因②:グリップを過度に握っている

グリップを過度に握っている場合、アイアンがトゥに当たりやすくなります。

グリップを力強く握っていると、過度なストロンググリップになり、アイアンのフェースが閉じてしまいます。

アイアンのフェースが閉じすぎてしまい、本来スイートスポットがあるべき部分にトゥがくるために、先に当たる原因となります。

 

トゥに当たる原因③:過度なオープンスタンスになっている

トゥに当たる原因③:過度なオープンスタンスになっている

過度なオープンスタンスになっていることも、アイアンがトゥに当たる原因の一つです。

ドローボールを打ちたいという気持ちから、アイアンを打つ際にオープンスタンスを意識している人は多いかと思います。

しかし、過度なオープンスタンスになっている場合、スクエアに構えた時と比べて体とボールとの距離が離れてしまうため、アイアンがトゥに当たりやすくなります。

 

トゥに当たる原因④:ボールの位置が右寄りすぎる

トゥに当たる原因④:ボールの位置が右寄りすぎる

アイアンがトゥに当たる時、ボールの位置を確認してみてください。

ボールの位置がセンターよりも右に寄っている場合、トゥに当たりやすくなります。

 

トゥに当たる原因⑤:体がボールから離れている

体がボールから離れすぎた状態でアイアンを打っていることも、トゥに当たる原因です。

体がボールから離れていると、スイング時にアイアンをボールに当てにいこうとするために、体が伸び上がってしまいます。

そして、アイアンのヘッドがボールに当たり、ミスショットに繋がります。

 

アイアンがトゥに当たる時の対処法

ここまで、アイアンがトゥに当たる時の原因を解説してきました。
原因がわかった後は、ご自身の課題に対する対処法を実践し、アイアンを正しく打てるよう練習しましょう。
アイアンがトゥに当たる時の対処法は、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンがトゥに当たる時の対処法
  • 対処法①:インサイドインの軌道でスイングする
  • 対処法②:グリップを握る力を適度に調整する
  • 対処法③:スクエアスタンスで構える
  • 対処法④:ボールの位置はセンターに置く
  • 対処法⑤:ボールと体との距離を適度に調整する

どれも簡単に試せるものなので、アイアンが先に当たる際には、それぞれ実践してみてください。
きっとヘッドに当たる状況を改善できることでしょう。
それでは、アイアンがトゥに当たる時の対処法をそれぞれ解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

対処法①:インサイドインの軌道でスイングする

アイアンがトゥに当たらないようにするためには、まずはインサイドインの軌道でスイングできるように練習しましょう。

インサイドインの軌道とは、体の内側からクラブが降り、インパクト後も体の内側へクラブが抜けていく打ち方です。

インサイドインでスイングすることで、アイアンの芯に当たりやすくなります。

この時、インサイドインのスイングを初めて練習する際には、まずはハーフスイングで打つようにしましょう。

スイング方法を変えた際、必ずと言って良いほどミスショットが増えます。
まずはハーフショットで練習し、インサイドインの軌道で芯に当てる感覚を掴みましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

対処法②:グリップを握る力を適度に調整する

グリップを握る力が強すぎる場合には、力を適度に調整しましょう。

不必要に力を入れてグリップを握っていると、過度なストロンググリップになり、アイアンがトゥに当たる原因になります。

また、アイアンのフェースが閉じるため、フックなどのミスショットにも繋がり兼ねません。

これはアイアン以外のクラブでも言えることですが、ゴルフでミスショットを減らすためには、グリップは適度な力で握ることが大切です。

 

対処法③:スクエアスタンスで構える

対処法③:スクエアスタンスで構える

アイアンを打つ際には、基本的にスクエアスタンスで構えましょう。

スクエアスタンスとは、ボールを打つ方向に対して、両足を並行に揃えた構え方のことです。

スタンスをスクエアに構えることで、目標に対して真っ直ぐ打ちやすく、またトゥに当たることも避けやすくなります。

ドローボールを打ちたい気持ちが強く、スタンスがオープン気味になる人も多いかと思います。

しかし、アイアンがトゥに当たってミスショットになることを考えると、一般的なスクエアスタンスで構えた方が無難です。

 

対処法④:ボールの位置はセンターに置く

対処法④:ボールの位置はセンターに置く

アイアンを打つ時、基本的にボールの位置はセンターに置きましょう。

クラブ別にお伝えすると、ショートアイアンを打つ際にはセンターに、ミドルアイアンやロングアイアンを打つ際はセンターよりもボール1〜2個分ほど左に寄せて置きましょう。

そうすることで、アイアンを芯で捉え、真っ直ぐ打ちやすくなります。

 

対処法⑤:ボールと体との距離を適度に調整する

もしボールと体との距離が離れすぎている場合には、今よりも距離を狭めましょう。

ボールと体との距離を適度に保つことで、アイアンを真っ直ぐ打てるようになります。

ただし、距離を狭めすぎてしまうと、今度はシャフト側に当たってチーピンなどのミスショットになります。
適度な距離感を掴めるよう、繰り返し練習することが大切です。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

どうしてもアイアンがトゥに当たる時はゴルフレッスンに通うのもアリ

どうしてもアイアンが先に当たってうまく打てない場合は、ゴルフレッスンに通って正しい打ち方を教えてもらうのも良いでしょう。
アイアンを綺麗なフォームで打てるようになり、今よりもスコアアップに繋がるはずです。
そこでこの記事の最後に、アイアンの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンを3つ紹介します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ゴルフレッスンおすすめ3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

それぞれのゴルフレッスンによって展開しているエリアや特徴が異なるため、ご自身に合ったものを選ぶのが良いでしょう。
それでは、アイアンの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ3選を紹介していきます。

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

アイアンの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ1つ目は、SMART GOLFです。

SMART GOLFのポイント
  • ポイント①:高性能シミュレーターでスイングを分析
  • ポイント②:個室完備で周りの目を気にせず練習可能
  • ポイント③:回数無制限で24時間利用OK

SMART GOLFは、首都圏を中心に約60店舗を展開しているゴルフレッスンです。

高性能のシミュレーターを完備しており、打った球の軌道や回転数まで数値で把握できます。

動画撮影や弾道計測はもちろん可能で、あなたのスイングフォームを細かい癖まで分析できるのが特徴です。

アイアンの持ち方からスイングまで、わからないことは何でも教えてもらえるため、初心者ゴルファーでも安心して利用できます。

1日に何時間でも利用できるため、長時間練習をしたい場合や、肩慣らしのために30分だけ打ちたい場合など、日によって使い分けることも可能です。

とにかく集中してアイアンの練習をしたい人は、SMART GOLFを試してみてください。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

アイアンの打ち方を覚えるためのゴルフレッスン2つ目は、RIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFのポイント
  • ポイント①:専属トレーナーがマンツーマンで指導
  • ポイント②:理想のスイング定着に向け指導
  • ポイント③:周りから見られない専用ラウンジ

RIZAP GOLFでは、経験豊富な一流のトレーナーが、あなたの課題に合わせてレッスンをしてくれます。

まずはカウンセリングとショット診断を通し、あなたのスキルと本当の課題を診断します。

そして課題をもとに、ゴルフのプロがあなたに合わせて丁寧にアイアンの指導をしてくれます。

正しいアイアンのフォームを覚えることで、今よりも飛距離が伸びたり、狙った方向に打てたりすることでしょう。

また、どの店舗も駅から徒歩10分以内と立地が良いため、気軽に通いやすいのも特徴です。

アイアンの打ち方に悩んでいるゴルファーの人は、まずはRIZAP GOLFで練習をしてみてくださいね。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

アイアンの打ち方を覚えるためのゴルフレッスンおすすめ3つ目は、チキンゴルフです。

チキンゴルフの画像

チキンゴルフのポイント
  • ポイント①:綺麗なフォームが身に付く
  • ポイント②:定額でレッスン通い放題
  • ポイント③:道具はすべてレンタル無料

チキンゴルフは、日本全国に約30店舗を展開するゴルフスクールです。

最新シミュレーターを導入しており、1打毎にスイングデータを正確に分析してくれます。

データに基づく分析・指導により、綺麗なフォームが身に付くため、アイアンがトゥに当たる悩みも改善しやすいでしょう。

また、ウェアやアイアンなどの道具もすべて無料でレンタルできるため、手ぶらでゴルフレッスンに通えます。

通い放題プランでは、期間中に何度でもレッスンを受けられるため、通えば通うほど上達できることでしょう。

ゴルフレッスンに楽しく通いながらアイアンの練習をしたい人は、チキンゴルフを試してみてください。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:アイアンがトゥに当たる時の大半はスイングが原因!

この記事では、アイアンがトゥに当たる原因について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、アイアンがトゥに当たる時の対処法や、おすすめのゴルフレッスンも紹介してきました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンでボールが上がらない原因まとめ

アイアンがトゥに当たる5つの原因

  • トゥに当たる原因①:インサイドアウトでスイングしている
  • トゥに当たる原因②:グリップを過度に握っている
  • トゥに当たる原因③:過度なオープンスタンスになっている
  • トゥに当たる原因④:ボールの位置が右寄りすぎる
  • トゥに当たる原因⑤:体がボールから離れている

アイアンがトゥに当たる時の対処法

  • 対処法①:インサイドインの軌道でスイングする
  • 対処法②:グリップを握る力を適度に調整する
  • 対処法③:スクエアスタンスで構える
  • 対処法④:ボールの位置はセンターに置く
  • 対処法⑤:ボールと体との距離を適度に調整する

どうしてもアイアンがトゥに当たる時はゴルフレッスンに通うのもアリ

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

アイアンがトゥに当たるのは、基本的にはインサイドアウトの軌道でスイングしているか、グリップを握る力が強いことが原因です。

また、オープンスタンスで構えている場合や、ボールの位置が右寄りすぎる場合、体がボールから離れすぎている場合にも、トゥに当たる原因になり得ます。

その場合は、インサイドインの軌道でスイングするか、グリップを適度に握るように調整することで、アイアンを正しく打てるようになるでしょう。

場合によっては、スタンスをスクエアに構えたり、ボールの位置を調整してみたりすることも大切です。

それでもアイアンがトゥに当たって治らない場合には、ゴルフレッスンでアイアンの正しい打ち方を教えてもらうのも良いでしょう。

短期間でアイアンの打ち方を覚えられ、きっとアイアンが綺麗に打てるようになるはずです。

この記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
あなたの週末ゴルフがもっと楽しみになると幸いです。
「週末ゴルフ部」では他にも、ゴルフに役立つ記事をたくさん公開しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成