アイアンがトップする3つの原因!トップしないための対策方法も解説

アイアンがトップする3つの原因はコレ!トップしないための対策方法も解説

こんにちは。「週末ゴルフ部」編集長の岩成です。
この記事では、アイアンがトップする3つの原因について解説します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ゴルフでホールを周っていると、急にアイアンがトップしてボールが飛ばなくなった経験のある人は多いと思います。

ホールを周るうえでアイアンショットは非常に重要で、アイアンのトップが多発する場合、ダブルボギーやトリプルボギーでスコアを落としかねません。

そこでこの記事では、アイアンがトップする3つの原因について解説します。

また、アイアンがトップしないための練習方法や、おすすめのゴルフレッスン3選も紹介します。

アイアンのトップに悩んでいるゴルファーの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、アイアンがトップしない正しい打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

アイアンがトップする3つの原因

改めて「トップ」についておさらいすると、トップとはボールの上部を打ってしまい、ボールが跳ねたりゴロが出たりすることです。

では、なぜアイアンを打つ際にトップするのでしょうか。
アイアンがトップする原因は、基本的に次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンがトップする3つの原因
  • アイアンがトップする原因①:ボールの行方を見すぎているから
  • アイアンがトップする原因②:すくい打ちになっているから
  • アイアンがトップする原因③:前傾姿勢ができていないから

あなたに当てはまる原因があるかどうか、チェックしてみてください。

それでは、アイアンがトップする3つの原因を詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

アイアンがトップする原因①:ボールの行方を見すぎているから

アイアンがトップする1つ目の原因は、ボールの行方を見すぎているからです。

ゴルフのアイアンショットはグリーンに乗せることが目的なため、どうしても打った直後にボールの飛んだ方向を確認しがちなもの。

ボールの飛んだ方向をすぐに見たいあまりに、目線につられて体も無意識に動き、アイアンがトップする原因になります。

 

アイアンがトップする原因②:すくい打ちになっているから

アイアンがトップする2つ目の原因は、すくい打ちになっているからです。

すくい打ちとは、ゴルフボールを高く打ち上げたいあまりに、ボールを下からすくい上げて打つことです。

ボールを下からすくい上げようとすると、スイングの最下点がボールよりも手前になります。

そのため、ボールの上部を打った際にはトップしますし、ボールより手前を打った際にはダフる原因となります。

 

アイアンがトップする原因③:前傾姿勢ができていないから

アイアンがトップする3つ目の原因は、前傾姿勢ができていないからです。

前傾姿勢が浅すぎると、アイアンと地面との距離が離れることから、アイアンがトップしやすくなります。

アイアンは番手によって長さが変わりますので、それに合わせて前傾の度合い(スパインアングル)も変える必要があります。

スイング中は前傾姿勢を変えないように注意し、体が伸び上がらないようにすることが大切です。

 

アイアンがトップしないための対策方法

ここまで、アイアンがトップする3つの原因について解説してきました。
アイアンがトップする原因を把握した後は、アイアンのトップを抑えるための対策をしていきましょう。
アイアンがトップしないための対策方法は、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンがトップしない練習方法
  • アイアンがトップしない対策①:インパクト後の視線を変えない
  • アイアンがトップしない対策②:ダウンブローで打つ
  • アイアンがトップしない対策③:前傾姿勢をキープする

これから紹介する3つの対策方法は、どれも簡単に実践できるものです。

アイアンのトップを改善するために、打ちっぱなしやコース途中でも気軽に取り入れてみてくださいね。

それでは、アイアンがトップしないための対策方法をそれぞれ解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

アイアンがトップしない対策①:インパクト後の視線を変えない

アイアンがトップしないための対策方法1つ目は、インパクト後の視線を変えないことです。

ヘッドアップしないよう、アイアンのインパクト後に右肩がアゴにつくまで、ボールのあった場所の芝を見続けるようにしましょう。

そうすることで、目線の移動による体のブレがなくなるため、アイアンでのトップもしづらくなります。

特に、5番アイアンや6番アイアン等の距離を飛ばしたい時は、上半身に力を入れないよう気をつけましょう。

上半身に力が入ってしまうと、目線がブレたり、体がブレやすくなったりすることから、アイアンのトップに繋がりかねません。

リラックスして体の力を抜き、ボールのあった場所をしばらく見続けてスイングしてみましょう。

 

アイアンがトップしない対策②:ダウンブローで打つ

アイアンがトップしないための対策方法2つ目は、ダウンブローで打つことです。

ダウンブローとは、アイアンのヘッドが最下点に到達する前にボールを打つことです。

ダウンブローで打つことで、飛距離が出やすくなったり、悪いライからでも球が上がったりするメリットがあります。

プロゴルファーがスイングする際にターフが飛んでいるのは、ダウンブローで打っているからなんですね。

ではどうすればダウンブローで打てるかと言うと、ハンドファーストにしてスイングをすることです。

ハンドファーストにする(アドレスの際にグリップエンドを左脚側に寄せる)ことで、軌道が前側に移動し、スイングの最下点も手前にずれるようになります。

 

アイアンがトップしない対策③:前傾姿勢をキープする

アイアンがトップしないための対策方法3つ目は、前傾姿勢をキープするです。

前傾姿勢をキープすることで、体のブレがなくなり、アイアンがトップすることも減ります。

ゴルフにおける正しい前傾姿勢は、背筋を真っすぐ伸ばし、腰の付け根から前傾する形です。

そして前傾姿勢を保つためには、下半身で踏ん張り、伸び上がりを最小限に抑えることです。

一方で、前傾姿勢のよくある間違いは、腰が猫背のように丸まった状態です。

腰が丸まっていると、体が伸び上がったり縮んだりしやすくなり、アイアンがトップする原因になります。

特に、テークバック時に右膝が緩むと、前傾姿勢が崩れやすいため注意が必要です。

 

アイアンがトップする場合はゴルフレッスンに通うのもアリ

ここまで、アイアンがトップする3つの原因や対策方法を解説してきました。

打ちっぱなしで練習してもアイアンのトップが直らなかったり、自分一人での練習に限界があったりする場合は、ゴルフレッスンでアイアンの正しいスイングフォームを教えてもらうのも効果的です。

そこで最後に、アイアンがトップしないためのゴルフレッスンを3つ紹介します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ゴルフレッスンおすすめ3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

それぞれのゴルフレッスンに特徴があるので、あなたの地域にあるもので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
それでは最後に、アイアンでトップしないためのゴルフレッスン3選を紹介します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

アイアンがトップしないためのゴルフレッスンおすすめ1つ目は、SMART GOLFです。

SMART GOLFのポイント
  • ポイント①:高性能シミュレーターでスイングを分析
  • ポイント②:個室完備で周りの目を気にせず練習可能
  • ポイント③:回数無制限で24時間利用OK

SMART GOLFでは、超高性能シミュレーターを完備しており、理想のスイングとのギャップを数値で把握できます。

動画撮影や弾道計測はもちろん可能で、あなたのスマートフォンでも記録が確認できます。

また、半個室と完全個室を備えており、周りの目線を気にする必要はありません。

回数制限はないため、月額さえ支払えば24時間何度でもアイアンの練習が可能です。

短期間で集中的にアイアンがトップしない練習を重ねたい人には、SMART GOLFがおすすめです。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

アイアンがトップしないためのゴルフレッスンおすすめ2つ目は、RIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFのポイント
  • ポイント①:専属トレーナーがマンツーマンで指導
  • ポイント②:理想のスイング定着に向け指導
  • ポイント③:周りから見られない専用ラウンジ

RIZAP GOLFでは、あなたのスイングが綺麗になるよう、専属トレーナーがマンツーマンで指導してくれます。

練習メニューは一人ひとりの課題に合わせた専用プログラムを作成し、あなたを綺麗なスイングへ導きます。

また、RIZAP GOLFは全室個別で分かれているため、他のゴルファーに見られる心配もありません。

道具やウェアも無料で貸してもらえるので、急に空き時間ができた際にもすぐに立ち寄って練習可能です。

アイアンがトップしすぎて悩んでいるゴルファーは、まずはRIZAP GOLFで練習をしてみてください。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

アイアンがトップしないためのゴルフレッスンおすすめ3つ目は、チキンゴルフです。

チキンゴルフのポイント
  • ポイント①:綺麗なフォームが身に付く
  • ポイント②:定額でレッスン通い放題
  • ポイント③:道具はすべてレンタル無料

チキンゴルフでは、最新シミュレーターを導入しており、1打毎にスイングデータを正確に分析してくれます。

データに基づく分析・指導により、綺麗なフォームが身に付くため、アイアンが飛ばない悩みも改善しやすいです。

また、定額で通い放題なので、レッスンに通えば通うほど綺麗なフォームが定着しやすくなるのも特徴です。

ウェアやアイアンなどの道具もすべて無料でレンタルでき、どの店舗も駅から徒歩10分以内に位置しているため、手ぶらでレッスンに通えます。

気軽にゴルフレッスンに通いながらアイアンがトップする悩みを解決したい場合には、チキンゴルフを試してみてください。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

アイアンの打ち方については、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

 

まとめ:アイアンがトップする場合は目線と前傾姿勢に注意!

この記事では、アイアンがトップする3つの原因について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、アイアンがトップしないための対策方法も解説しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

アイアンがトップする原因と対策方法

アイアンがトップする3つの原因

  • アイアンがトップする原因①:ボールの行方を見すぎているから
  • アイアンがトップする原因②:すくい打ちになっているから
  • アイアンがトップする原因③:前傾姿勢ができていないから

アイアンがトップしないための対策方法

  • アイアンがトップしない対策①:インパクト後の視線を変えない
  • アイアンがトップしない対策②:ダウンブローで打つ
  • アイアンがトップしない対策③:前傾姿勢をキープする

アイアンがトップする場合はゴルフレッスンに通うのもアリ

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

アイアンがトップするのは、基本的にボールの行方を見すぎてヘッドアップしてしまうか、すくい打ちになっていることが原因です。また、前傾姿勢が崩れていることもアイアンでトップする原因になります。

アイアンがトップしないよう正しく打つためには、インパクト後の視線を変えないようにしましょう。

もし難しい場合は、ダウンブローのスイングで打ったり、前傾姿勢をキープしたりすることで、アイアンのトップを改善していきましょう。

どうしても一人での改善が難しい場合は、ゴルフレッスンに通ってアイアンの正しいフォームを教えてもらうのも一つの手段です。

アイアンのフォームを改善して、最高のゴルフを楽しみましょう。