ピッチングウェッジ(PW)の基本的な打ち方!フェースの合わせ方やコツも解説

ピッチングウェッジ(PW)の基本的な打ち方!フェースの合わせ方やコツも解説

ピッチングウェッジはアプローチやバンカーショットなど、様々な場面で活躍するゴルフクラブです。

しかし、主にゴルフ初心者やアプローチが苦手な人の中には「ピッチングウェッジの打ち方がわからない」「いつ使うべき?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ピッチングウェッジの基本的な打ち方を解説します。

合わせて、ピッチングウェッジをうまく打つ3つのポイントについても紹介します。

ピッチングウェッジをうまく使いこなせずに悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えしておくと、ピッチングウェッジの正しい打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

ピッチングウェッジの基本的な打ち方

うまく使いこなせると役に立つ場面が多いピッチングウェッジ。

ピッチングウェッジの基本的な打ち方は以下の通りです。

ピッチングウェッジの基本的な打ち方
  • 打ち方①:スタンス幅は肩幅より狭く
  • 打ち方②:ボールの位置は右寄りに置く
  • 打ち方③:ダウンブローで打つ

ピッチングウェッジの打ち方を1つずつ解説していきます。

 

打ち方①:スタンス幅は肩幅より狭く構える

ピッチングウェッジを打つ時は、コンパクトなスイングを意識して、スタンス幅は肩幅より狭く構えましょう。

ピッチングウェッジは広いスタンス幅で構えた場合、上半身の動きが大きくなり、なかなか安定しません。

ダフりやトップなどのミスが出やすくなる原因にも繋がります。

また、狙う場所までの距離が近い場合、スタンス幅を狭くする方がコントロールしやすくなるメリットもあります。

 

打ち方②:ボールの位置は右寄りに置く

打ち方②:ボールの位置は右寄りに置く

ピッチングウェッジを打つ際、ボールの位置はアドレスの中心よりも右寄りに置きましょう。

目安としては、センターよりもボール1つ分右〜右踵の延長線上あたりの位置です。

センターよりも右寄りにボールを置くことで、高さを出しながら狙った方向に打ちやすくなります。

ボールを打ちやすい具体的な位置は人によって異なるため、何度か試しながら、一番打ちやすい位置を探してみるのがおすすめです。
ちなみに私の場合は、センターよりもボール1つ分右に置いて打つようにしています。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

打ち方③:ダウンブローで打つ

ピッチングウェッジは、基本的にダウンブローで打ちましょう。

ダウンブローとは、ダウンスイング後ヘッドが最下点に到達する前や下降している途中でボールを打つ打ち方のことです。

先ほど紹介したように、身体の中心よりも右寄りにボールを置くことで、ダウンブローで打ちやすい状態になります。

また、ダウンブロー軌道は、ロフトが立った状態でインパクトを迎えるため、安定した飛距離が出やすいメリットもあります。

さらに、ダウンブローで打つことで、ダフりやトップなどのミスが起こりにくくなるため、一石二鳥だと言えますね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ピッチングウェッジをうまく打つ3つのポイント

ピッチングウェッジは、短い距離のアプローチショットで使う機会の多いクラブです。

一方で、ピッチングウェッジがダフりやすい、トップするなどのミスが気になる人もいるでしょう。

ピッチングウェッジをうまく打つためには、次の3つのポイントを意識しましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ピッチングウェッジをうまく打つコツ
  • ポイント①:通常より短く構える
  • ポイント②:体重を左右均等に乗せる
  • ポイント③:上体の回転を意識してスイングする

ピッチングウェッジの打ち方のポイントを詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ポイント①:通常より短く構える

ピッチングウェッジの打ち方のポイント1つ目は、通常よりも短く構えることです。

ピッチングウェッジは、思い切り打って飛距離を出すようなクラブではありません。

普段よりも短く構えて、コンパクトに振り抜くことを意識しましょう。

目安としては、グリップエンドから数cm〜5cmほど余るように持つイメージです。

クラブを短く構えることで、コントロール性も向上しやすくなりますよ。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ポイント②:体重を左右均等に乗せる

ピッチングウェッジの打ち方のポイント2つ目は、体重を左右均等に乗せることです。

まず、アドレス時に左右の体重配分を均等に乗せることを意識しましょう。

そして、打つ際もその比率をキープすることが、ピッチングウェッジをうまく打つポイントです。

体重を左右均等に乗せ、下半身を安定させることで、スイングや飛距離も安定しやすくなります。

アドレス時に体重が右に乗りすぎていると、ダフりやあおり打ちなどミスに繋がるため注意が必要です。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ポイント③:上体の回転を意識してスイングする

ピッチングウェッジの打ち方のポイント3つ目は、上体の回転を意識してスイングすることです。

ピッチングウェッジでは、スイングの際に手先でクラブを振るのではなく、お腹や腰の回転を意識しましょう。

上体の回転をうまく使ってスイングすることで、狙った距離を正確に打ちやすくなります。

アプローチをする際、ピンへの距離が近ければ近いほど、つい手先や手首の動きで打ってしまうため注意しましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ピッチングウェッジの打ち方を覚えるならゴルフレッスンに通うのもアリ

ピッチングウェッジの打ち方をマスターしたい人はゴルフレッスンに通うのもおすすめです。

おすすめのゴルフレッスンは3つあります。

おすすめレッスン3選
  • おすすめ①:スマートゴルフ(SMART GOLF)
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

それぞれのゴルフレッスンの特徴を詳しく解説していきます。

 

おすすめ①:スマートゴルフ(SMART GOLF)

SMART GOLF 画像

ピッチングウェッジの打ち方を学べるおすすめのゴルフレッスン1つ目はスマートゴルフ(SMART GOLF)です。

SMART GOLFのポイント
  • 24時間365日営業
  • 100名限定の完全会員制で通い放題
  • 自分のスイングを分析できる超高性能シミュレーター完備

SMART GOLFは、100名限定の完全会員制のゴルフ練習場です。

定額制で通い放題なので、時間ができた時に練習しやすいのが魅力です。

料金プランは複数あり、ゲストや家族と一緒に練習可能なプランもあります。

また練習室には、練習モードやラウンドモード、スイングのデータ化など機能の充実した最新のゴルフシミュレーターが導入されています。

その日の気分に合わせてモードを選べるため、楽しみながら練習することが可能です。

プロのコーチからレッスンを受けることも可能なので、さらに上達を目指したい人にもおすすめです。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

ピッチングウェッジの打ち方を学べるおすすめのゴルフレッスン2つ目はRIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFのポイント
  • 1人ひとりに合わせたレッスン内容
  • 周りの目が気にならない個室で練習できる
  • マンツーマンのレッスンでスコアアップが叶う

RIZAP GOLFは、パーソナルジムで有名な株式会社RIZAPが運営しています。

RIZAP GOLFでは、個室でレッスンを受けられるため、周りの目が気になりません。

初心者の人でも、集中してピッチングウェッジの練習ができるでしょう。

また、会員はジムのchocoZAPが無料で利用できるため、ゴルフに必要な体力づくりも行うことが可能です。

さらに、RIZAP GOLFでは、ゴルファー一人ひとりに合わせた内容でマンツーマンレッスンを行ってくれます。

自分の実力に合ったレッスンを受けることで、短い期間で上達を実感できるでしょう。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

ピッチングウェッジの打ち方を学べるおすすめのゴルフレッスン3つ目はチキンゴルフです。

チキンゴルフのポイント
  • 道具はすべてレンタル可能で、初心者でも通いやすい
  • プランが豊富で自分に合うものを選べる
  • パーソナルレッスンで楽しく学べる

チキンゴルフは、初心者でも楽しく学べるゴルフレッスンです。

パーソナルレッスンだと分からない点もすぐ質問できるため、初心者の人でも安心です。

レッスンのプランは3種類あり「マイペースに通いたい」「平日昼間に通いたい」など、自分の希望に合わせたプランを選べます。

通い放題のプランもあるので、たくさん通って早く上達したい人にもおすすめです。

また、ゴルフクラブやウェアなどは無料でレンタル可能なので、仕事終わりの人も気軽に通えます。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:ピッチングウェッジの打ち方はダウンブローで打つのがおすすめ!

こちらの記事ではピッチングウェッジの打ち方について解説しました。

要点をまとめると以下の通りです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ピッチングウェッジの打ち方まとめ

ピッチングウェッジの基本的な打ち方

  • 打ち方①:スタンス幅は肩幅
  • 打ち方②:ボールの位置は右寄り
  • 打ち方③:ダウンブローで打つ

ピッチングウェッジをうまく打つコツ

  • コツ①:通常より短く構える
  • コツ②:体重を左右均等に乗せる
  • コツ③:上体の回転を意識してスイングする

ピッチングウェッジの打ち方を学べるゴルフレッスン

  • おすすめ①:スマートゴルフ(SMART GOLF)
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

ピッチングウェッジは飛距離が100ヤード程度で、短い距離を打つさまざまな場面で役に立ちます。

一方で、ダフりやすいクラブなので、ミスに悩まされている人も少なくありません。

ピッチングウェッジの基本的な打ち方を理解し、練習することで多くの場面での活躍が期待できるでしょう。

ピッチングウェッジの打ち方に悩んでいる人はゴルフレッスンに通うのもおすすめです。

本記事で紹介した打ち方やコツを参考にゴルフの腕を磨いてくださいね。