【ポイントは3つ】アイアンの正しい構え方!アドレスを覚えるコツも解説

【ポイントは3つ】アイアンの正しい構え方!アドレスを覚えるコツも解説

こんにちは!「週末ゴルフ部」編集長の岩成です。
この記事では、アイアンの正しい構え方について解説します。
ゴルファーの皆さんなら、初心者、上級者に関わらず、一度はこんなお悩みをお持ちではありませんか?

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

男性ゴルファーさん

アイアンの構え方が急にわからなくなった。スイングの修正をしてもなかなか改善しない…

女性ゴルファーさん

アイアンでフェースの向きの合わせ方がイマイチわからない…

アイアンとドライバーで異なるアプローチに戸惑いを感じる方もいるかと思います。
そんな時は、基本に戻ってアイアンの構え方から見直してみるのがおすすめです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

この記事では、アイアンの正しい構え方を覚えるポイントについて解説します。

また、ドライバーとアイアンの構え方の違いも合わせて解説します。

この記事を読めば、ドライバーとの違いを理解した上で、アイアンの正確な構え方をマスターできるはずです。

先に結論をお伝えすると、アイアンの正しい打ち方を覚えるならゴルフパフォーマンス」の無料体験レッスンに参加するのがおすすめです。
完全個室のマンツーマンレッスンで、再現性の高い安定したスイングを指導してもらえるため、短期間で上達を目指せるでしょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

\充実した体験レッスンが無料//最短で100切り目指すなら\

ゴルフパフォーマンス
無料体験レッスンを見てみる

アイアンの正しい構え方を覚える3つのポイント

アイアンの構え方を正確にマスターするためには、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンの正しい構え方を覚える3つのポイント
  • ポイント①:前傾姿勢を適切にキープする
  • ポイント②:上半身はやや右に傾ける
  • ポイント③:フェースの向きはネックとトゥで合わせる

それでは、アイアンの正しい構え方を覚える3つのポイントを詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

ポイント①:前傾姿勢を適切にキープする

アイアンの正しい構え方を覚えるポイント1つ目は「前傾姿勢を適切にキープする」です。

前傾姿勢を適切に保つことで、腕や腰の力と共に、身体の回転をうまく利用することができます。

適切な前傾姿勢に大事なのは、股関節の位置から前傾すること前傾してから膝を曲げることです。

まず、背筋をまっすぐ伸ばした状態で、股関節の位置から前傾します。

腰が曲がっていると、スイングの際に身体がブレやすくなるためです。

背中が反りすぎていたり、猫背になっていたりするとスイングが小さくなるため注意しましょう。

また、膝を曲げてから前傾姿勢をとると、お尻の位置が下がったり、膝が前に出たりと間違った姿勢になります。

前傾姿勢をとった後に膝を曲げて、お尻は突き出すようにしましょう。

これらを意識することで、アイアンの正しい構えの姿勢となり、スイング軌道の安定にもつながるはずです。

 

ポイント②:上半身はやや右に傾ける

アイアンの正しい構え方を覚えるポイント2つ目は「上半身はやや右に傾ける」です。

アイアンは、ダウンブローで打つことが基本とされています。

そして、ダウンブローで打つためには、ハンドファーストが重要です。

身体の上半身をやや右に傾けることで自然にハンドファーストとなるため、ダウンブローに打ちやすくなります。

また、左足の付け根当たりでハンドファーストに構えると、自然に右肩もやや下がるはずです。

ただし、膝や腰は平行のまま、頭も下がらないように注意しましょう。

上半身のみ、右側に傾けて目線を斜めにすることが大切です。

アイアンの理想的なショットとなって、上から叩きすぎたり、ダフリなどのミスが出にくくなります。

 

ポイント③:フェースの向きはネックとトゥで合わせる

アイアンの正しい構え方を覚えるポイント3つ目はフェースの向きはネックとトゥで合わせる」です。

ボールに対して、フェースのリーディングエッジで合わせると、構えた自分からはまっすぐに見えるかもしれません。

しかし、実際にはフェースが右を向いて開いている状態になります。

自分ではまっすぐ構えているはずなのに、開いていると言われる場合は、トゥとネックを結んだ線で合わせてみましょう。

番手が短くなるほど、被って見えるかもしれません。

フェースが若干被って見えるその位置こそ、フェースはボールに対してまっすぐ向いています。

特にアウトサイドインになりがちな方は、トゥとネックで合わせて少し被って見える位置で打った方が、インサイドから振りやすくなるでしょう。

 

アイアンの構え方は他のクラブと異なる

ここまで、アイアンの正しい構え方を覚える3つのポイントについて解説しました。

アイアンの構え方には、3つのポイントの他にも、スタンス幅やボールの位置なども大きく影響してきます。

その点も、その他のクラブと異なる部分から理解して、アイアンの正しい構え方を再確認していきましょう。

では次に、ドライバーとアイアンの構え方の違いについて、具体的に3つ解説します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

ドライバーとアイアンの構え方の違い
  • 構え方の違い①:ハンドファーストとハンドレイト
  • 構え方の違い②:スタンス幅
  • 構え方の違い③:ボールを置く位置

それでは、ドライバーとアイアンの構え方の違いについて、詳しく解説していきます。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

構え方の違い①:ハンドファーストとハンドレイト

ドライバーとアイアンの構え方の違い1つ目は、ハンドファーストとハンドレイトです。

ハンドファーストで構えることで、ロフトが立ち低い弾道で飛距離が出しやすくなります。

反対にハンドレイトは、ロフトが寝ることでボールを上げやすくなるメリットがあります。

アイアンはダウンブローで打つためにハンドファーストが推奨されていますが、ハンドファーストはボールが上がりにくいというのが注意点です。

その点ドライバーは、アイアンよりもロフト角が少ないため、ボールを上げやすいアッパーブローで打つことが多いでしょう。

つまり、アイアンはハンドファーストドライバーはハンドレイトの方が打ちやすくなります。

どちらも腕の位置は左足の内側と変わらないため、適切なボール位置で構えていれば、自然にハンドファースト、ハンドレイトになるはずです。

 

構え方の違い②:スタンス幅

ドライバーとアイアンの構え方の違い2つ目は、スタンス幅です。

スタンス幅は、広いほど踏ん張りが効くことでパワーを生み出しやすく、狭いほど身体の回転を使ってコントロールしやすくなります。

ドライバーはクラブの長さもある分、スタンスを広くとっても身体の回転が比較的使いやすいです。

しかし、アイアンのようにクラブが短くなるほど、スタンスを広く取りすぎると身体の回転を使うのが難しくなります。

そのため、基本的には番手が小さくなるほどスタンス幅は狭く、大きくなるほど広く調整します。

長さや角度のバランスから、クラブの中で中間とされるのが7番アイアンです。

この7番アイアンを基準にして、自分に合ったスタンス幅を調整していくと良いでしょう。

ちなみに、得意なクラブで自信があったり、疲れていたりする時ほど、スタンスを広く取りすぎることがあるので注意が必要です。

 

構え方の違い③:ボールを置く位置

ドライバーとアイアンの構え方の違い3つ目は、ボールを置く位置です。

ゴルファーによっては、打ちたい弾道や傾斜などの状態によって、ボール位置を調整することもあるでしょう。

しかし基本的には、ボール位置は飛距離とコントロール性のどちらを重視するかによって変えることが多いです。

ボールを置く位置が左寄りになるほどヘッドは走り、抜けやすくなります。

特に、フルスイング時のような体重移動が大きい場合は、センターよりも左にずらして置くことが一般的です。

反対に、ボールを置く位置が右寄りになるほど、インパクトの時間が短くなりコントロールしやすくなります。

ドライバーは最も飛距離を出すクラブであり、アイアンはコントロールして距離を詰めていくクラブです。

そのため、ドライバーで払い打ちやアッパーブローで打つ際には左寄りに置き、アイアンなど短いクラブを使用する際には右寄りに置くことで打ちやすくなります。

 

さて、ここまでアイアンの正しい構え方を覚えるポイントや、ドライバーとアイアンの構え方の違いを解説してきました。

しかし、構え方を直してもアイアンの調子が戻らなかったり、ゴルファーによっても様々な意見があり、何が正しいのかわからなくなることもあると思います。

そんな場合には、ゴルフレッスンでアイアンの正しい構え方を教えてもらうのも1つの方法です。

プロのトレーナーからしっかり教えてもらえるため、アイアンの構え方を正しく習得でき、ミスショットの改善からスコアアップも期待できるはずです。

そこで最後に、アイアンの正しい構え方を教わるのにおすすめのゴルフレッスンを3つ紹介します。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

アイアンの正しい構え方を習得するならゴルフレッスンに通おう

アイアンの正しい構え方を習得するおすすめのゴルフレッスンは、次の3つです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

おすすめのゴルフレッスン3選
  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

それぞれの特徴を踏まえて、ぜひ自分に合ったレッスン先を選択してみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ①:SMART GOLF

SMART GOLF 画像

アイアンの正しい構え方を習得するおすすめのゴルフレッスン1つ目は、SMART GOLFです。

SMART GOLFのポイント
  • 無制限に24時間いつでも利用可能
  • 店舗ごとに100名限定の完全会員制
  • 最新式の高性能シュミレーター

SMART GOLFでは、1日の利用回数に制限がないため、自分の都合に合わせて24時間何度でも練習できます。

また、完全会員制のため、予約に関する心配もありません。

予約時に生成されるパスワードや、24時間起動の監視カメラにより万全なセキュリティ対策も整っており、安心してゴルフ練習に集中できます。

さらに、最新式の高性能シミュレーターが用意されており、自分のフォームを確認しながらスイングの分析も可能です。

忙しい日々の合間に集中して練習に取り組みたい方には、SMART GOLFでのアイアン練習をおすすめします。

SMART GOLF
公式サイトを見てみる

SMART GOLFの評判については、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてくださいね。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ②:RIZAP GOLF

RIZAP GOLF画像

アイアンの正しい構え方を習得するおすすめのゴルフレッスン2つ目は、RIZAP GOLFです。

RIZAP GOLFのポイント
  • 最新機器を使った徹底分析機能
  • 自分だけの専用のプログラム作成
  • 自宅練習に活かせるオンラインサポート

RIZAP GOLFでは、最新機器を使った徹底的なショット分析が可能です。

得られたデータを基に、プロのトレーナーと連携してあなた専用のプログラムを作成します。

そして、悩みに合わせたあなただけの練習メニューにより、アイアンの正確な構え方から理想的なフォームを手に入れられるでしょう。

また、レッスンの後にも、自宅でできる効果的なトレーニングプランをトレーナーから提供してもらえます。

自宅での練習も効率的に行えることで、アイアンショットの向上に自信を持てるでしょう。

アイアンの構え方にお悩みのゴルファーは、ぜひRIZAP GOLFでのレッスンを試してみてください。

RIZAP GOLF
公式サイトを見てみる

ライザップゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

おすすめ③:チキンゴルフ

チキンゴルフの画像

アイアンの正しい構え方を習得するおすすめのゴルフレッスン3つ目は、チキンゴルフです。

チキンゴルフのポイント
  • 最新シミュレーター搭載
  • 手ぶらで行ける無料レンタルサービス
  • 定額でレッスン通い放題

チキンゴルフでは、最新のシュミレーターを活用して、一打ごとの正確なスイングデータを詳細に分析し、理想的なフォームを指導してもらえます。

ミスの原因や悪い癖などをスマホで確認できるので、アイアンの正しい構え方やフォームをしっかり身に着けられるでしょう。

さらに、アイアンやゴルフシューズ、ゴルフウェアは無料でレンタルできるため、手ぶらで気軽にゴルフレッスンを楽しむことができます。

定額料金で通い放題なので、短期間でもゴルフの上達が見込めるはずです。

気軽に楽しく、アイアンの練習をするなら、ぜひチキンゴルフのレッスンをお試しください。

チキンゴルフ
公式サイトを見てみる

チキンゴルフについては、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

 

まとめ:アイアンの構え方は前傾姿勢が重要

この記事では、アイアンの正しい構え方について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、アイアンと他のクラブの構え方の違いや、アイアンの構え方を覚えるポイントも解説してきました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「週末ゴルフ部」編集長 岩成

アイアンの正しい構え方まとめ

アイアンの正しい構え方を覚えるポイント

  • ポイント①:前傾姿勢を適切にキープする
  • ポイント②:上半身はやや右に傾ける
  • ポイント③:フェースの向きはネックとトゥで合わせる

アイアンと他のクラブの構え方の違い

  • 構え方の違い①:ハンドファーストとハンドレイト
  • 構え方の違い②:スタンス幅
  • 構え方の違い③:ボールを置く位置

アイアンの正しい構え方を習得するならゴルフレッスンに通おう

  • おすすめ①:SMART GOLF
  • おすすめ②:RIZAP GOLF
  • おすすめ③:チキンゴルフ

アイアンを正しく構えるには、前傾姿勢が最も重要です。

股関節から前傾姿勢をとった後に、膝を曲げることを意識して適切な姿勢を保てるようにしましょう。

上半身が右に傾くことで、自然なハンドファーストが生まれ、理想的なショットにもつながるはずです。

また、フェースの向きが不安な時は、ネックとトゥで合わせるとボールに対してまっすぐ向く形になります。

スタンス幅やボールを置く位置は、中間となる7番アイアンを基準に調整してみましょう。

もしどうしてもアイアンの構え方がわからない場合には、ゴルフレッスンに通うのも手段の一つです。

アイアンの正しい構え方を習得することで、きっと今よりもスコアアップに繋げられるでしょう。